Pocket

松尾スズキ 酒井若菜との関係は?大人計画の主宰!今年30周年。所属俳優の宮藤官九郎、阿部サダヲ、荒川良々A-studioに

スポンサーリンク



松尾スズキがA-studioに

A-Studio【松尾スズキ】大人計画が大集合!?演劇界の奇才がうろたえる!?
2018年11月30日(金)23時00分~23時30分の放送

番組予告では

番組内容
福岡県北九州市出身の55歳。大学卒業後、約1年間のサラリーマン生活を経て、26歳で大人計画を設立。主宰として作・演出を手がけ自らも出演。岸田國士戯曲賞受賞。大人計画としての活動のほか脚本家として映画『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞、小説家、映画監督、俳優、コラムニストなどマルチに大活躍!!貴重なトークバラエティ出演…その謎に満ちた(!?)
素顔に迫る!宮藤官九郎、阿部サダヲ、皆川猿時、村杉蝉之介、荒川良々、猫背椿…大人計画のそうそうたる個性派俳優たちが大集合!彼らが語る松尾スズキと大人計画の真実とは!?…猫背椿が舞台の脱ぐシーンで要求されたまさかの演出!?もともとチンピラ!?…阿部サダヲが出演舞台に大遅刻…激怒しながらも松尾が阿部をクビにしなかった理由に鶴瓶&川栄も思わず納得!?松尾が「やめて欲しい」と懇願…必ずどスベりする(?)
皆川猿時の決めゼリフ!?2014年に20歳年下の女性と再婚…行きつけのスナックのママが松尾夫婦を語る!?花束・指輪・新婚旅行…松尾から愛妻への粋なプレゼントの数々…テレビ初(?)
妻とのエピソード公開に動揺を隠しきれず…!?
松尾作品の原点は出身地・北九州の“土地柄”!?…
「人間に対する恐怖心を植え付けられた」という驚きのエピソードとは!?
劇団東京乾電池に感化された青年時代…劇団☆新感線との出会い…大人計画と松尾スズキの軌跡!
“皆がやらないことをやる”…今年30周年を迎え、宮藤官九郎、阿部サダヲ、星野源…気づけば超メジャーのスター揃い!!
数々の才能を輩出し、今や不動の人気を誇る大人計画の立役者、奇才・松尾スズキに迫る30分!

鶴瓶さんは今回どんな人を取材しているのでしょうか。

松尾スズキと酒井若菜の関係は

松尾スズキと検索すると酒井若菜と出てきます。
これは、何なのだろうと調べてみました。

まず、酒井若菜さんと言うのは

最近ですとNHKの「透明なゆりかご」でヒロインのお母さん役
ヒロインのアオイが注意欠陥・多動性障害とは気づかず、
自分の育て方が悪いと自分と子供を責めてしまう複雑な役でした。
酒井若菜さんは2005年から8年間女優を休業していたのでした。
その理由が「松尾スズキ」さんだというのでした。

酒井若菜さんは1995年にグラビアアイドルとしてデビュー。
2002年のドラマ「木更津キャッツアイ」
2004年10月映画「恋の門」で好演した特異なキャラクターが受けて女優として大ブレイクしました。

この映画の監督が松尾スズキさんだったのです。
二人の不倫が発覚します。
そして、初の主演ドラマの話があったのに、松尾スズキさん主催の舞台に出ることを選択します。

しかし、酒井若菜さんは舞台の初日に急性胃腸炎という理由で急きょ降板してします。
その本当の理由が松尾スズキさんとの破局だったのだとの噂されています。

酒井若菜さんはしばらく休業にはいり入ります。
8年後の2013年12月に酒井は自身のツイッターに

「本番直前での降板、本当に申し訳ありませんでした」
「罰は受けたつもりです。最初の数年は地獄のような日々でした」とツイートしました。
その頃から舞台などにも本格的に復帰を果たしました。

という関係だったのだということが分かりました

大人計画とは松尾スズキが主宰の劇団だった

松尾スズキさんは1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団大人計画を26歳で設立します。

1988年 松尾スズキ作『絶妙な関係』公演で旗揚げ
1995年 阿部サダヲ・宮藤官九郎・村杉蝉之介の3名によるコントユニット『グループ魂』を結成

芸能プロダクションとして、劇団員や所属俳優のマネジメント業務も行っている。

「”劇団・大人計画”の団員ではないが、”芸能プロダクション・大人計画”には所属している」
という俳優が数名存在する。

スポンサーリンク



所属俳優

劇団員
松尾スズキ
宮藤官九郎
顔田顔彦
阿部サダヲ
宮崎吐夢
皆川猿時
村杉蝉之介
荒川良々
近藤公園
池津祥子
伊勢志摩
宍戸美和公
猫背椿
田村たがめ
平岩紙
小林きな子
上川周作
篠原悠伸

マネジメント契約のみ
正名僕蔵
三宅弘城(ナイロン100°C所属)
小松和重
少路勇介
星野源
井口昇
細川徹
新井亜樹

松尾スズキのプロフィール

氏名  松尾スズキ
本名  松尾 勝幸(まつお かつゆき)
誕生日 1962年12月15日
年齢  55歳
出身地 福岡県北九州市八幡西区
学歴  八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)    九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業

高校の時には、漫画家になりたく漫画賞に応募し続ける
大学で漫画研究会に入り、周りの上手さに挫折、演劇研究会に入る。
大学卒業後、上京して印刷会社に就職するも1年半で挫折

1980年代後半 劇団大人計画を26歳で設立(雑誌で団員を募集)
1988年 松尾スズキ作『絶妙な関係』公演で旗揚げ
2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品

2006年1月 小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川龍之介賞候補

2010年 『老人賭博』で第142回芥川賞候補

2007年 10年連れ添った妻と離婚
2014年 20歳年下の一般人女性と再婚

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。