Pocket

東京ラブストーリー再放送、ポケベル固定電話が。。
携帯電話のない時代の恋愛は?江口洋介のチャラ男が。。

スポンサーリンク



東京ラブストーリーの再放送が始まる

東京ラブストーリーの再放送が、2018年9月14日金曜日~28日金曜日まで『メディアミックスα』枠(月~金 後3:50関東ローカル)で2004年9月24日から10月8日以来、14年ぶりに始まりました。

なんと7回目の再放送になるそうです。

本編はというと、1991年1月7日 – 3月18日 全11話で
フジテレビの月9で放送された。

平均視聴率は22.9%
最終回は32.9%の番組最高視聴率
『月9ドラマの金字塔』を打ち立てた。

フジテレビの月9の黄金時代、全盛期の頃。
時もバブルで社会は潤っていました。

主題歌の小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」も大ヒットしました。

ポケベル、固定電話 携帯電話のない時代

放送当時1991年はまだ携帯電話は普及していない時。
あっても平野ノラさんが持っているアレ。

そして、電話機も通話代が恐ろしく高く、庶民は持つことなんてできなかった。

その代わりに流行っていたのはポケベル。
CMは14.5の広末涼子さんがやっていた。

ポケベルで呼び出しされて、公衆電話でその相手に電話をかけるというもの。

家の電話、会社の電話、固定電話でないと電話はなかった
現代に生きる子のは想像ができない時代かもしれない。

そんな時代の恋愛ドラマをなぜ今頃再放送するのだろうと
第1回が始まった驚きながら観ていました。

鈴木保奈美と織田裕二が新月9ドラマ10月8日スタートの
『SUITS/スーツ』で

『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりの共演を果たすことが話題になって、この再放送をしているのだと納得しました。

鈴木保奈美さんは今は、石橋貴明さんの奥さんとして2人のお母さんでもありますが
「東京ラブストーリー」の時は、月9の主演女優というスターだったのです。

江口洋介のチャラ男っぷりがすごい

江口洋介さんというと、今は渋い、ダンディなステキな俳優さんですが、
この頃はなんてチャラい役を演じていたのでしょうと
ご本人も今観たら恥ずかしいのではと思ってしまいます。

スポンサーリンク



東京ラブストーリーの登場人物

赤名 リカ(あかな リカ)   鈴木保奈美
永尾 完治(ながお かんじ)  織田裕二
関口 さとみ(せきぐち さとみ)有森也実
三上 健一(みかみ けんいち) 江口洋介
長崎 尚子(ながさき なおこ) 千堂あきほ

赤名 リカ

ロサンゼルスでの生活経験の有る帰国子女。
スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員。
愛媛県から上京してきた永尾を東京国際空港まで迎えに行き一目惚れ、その後、さとみに失恋し傷心の永尾と交際する事になったが・・・さっぱりした気性で明朗快活な性格で、はっきりした物言いをする。

永尾 完治

ハートスポーツの社員。出身地は愛媛で、さとみと三上とは愛媛東高校での同級生だった。
就職を機に上京し2人と再会するが、永尾が想いを寄せていたさとみは三上と付き合う事になり、失恋した永尾は先輩のリカと交際するが、三上とさとみが別れた事を知ると心が揺れて・・性格に優柔不断な面が見られる。リカからは「カンチ」と呼ばれる。

関口 さとみ

永尾の高校の同級生。
清楚な印象で男子からは人気が高かったが、女子からは実家がラブホテルを経営していることを理由に、机に落書きされるなどのいじめに遭う。
落書きを消してくれたのが当時、片想いをしていた永尾だと思い続けていたが・・・三上と同棲するが破綻。
永尾と次第に接近してゆく。
基本的には心優しい性格だが、依存心の強さなどで周囲を翻弄することがある。
元麻布幼稚園に勤務している幼稚園教諭。

三上 健一

永尾の高校の同級生。
文京大学医学部入学と同時に上京。実家からは送金してもらっているが、他は絶縁に近い状態。
軽薄な印象で、特に異性関連のトラブルが多い。

東京ラブストーリーのあらすじ

永尾完治を「カンチ」と呼ぶ同僚の赤名リカは、自由気ままに生き、まっすぐに恋をする

東京ラブストーリーの原作は

東京ラブストーリーの原作は柴門ふみ

東京ラブストーリーの他に木村拓哉主演の「あすなろ白書」など
バブル期のドレンディドラマの原作として多く使用され
「恋愛の巨匠、恋愛の教祖」などと言われた。

氏名    柴門 ふみ
本名    弘兼準子 (旧姓・細井)
生誕    1957年1月19日(61歳)
出身    徳島県徳島市
職業    漫画家、エッセイスト
活動期間 1979年 –
ジャンル  青年漫画
代表作   P.S. 元気です、俊平
東京ラブストーリー
あすなろ白書
受賞   第7回講談社漫画賞
第37回小学館漫画賞

夫は弘兼憲史 代表作は『課長島耕作』シリーズ

脚本は、坂元裕二

東京ラブストーリーの各題名と視聴率

2010年・日本テレビ『mother』
2017年・TBS『カルテット』などの脚本家でもある。
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1991年1月7日 出会いと再会 永山耕三 21%
第2話 1991年1月14日 愛ってやつは 21%
第3話 1991年1月21日 二人の始まり 本間欧彦 20%
第4話 1991年1月28日 君の翼になる 17%
第5話 1991年2月4日 いつも思い出して 永山耕三 20%
第6話 1991年2月11日 赤い糸に結ばれて 本間欧彦 20%
第7話 1991年2月18日 愛は待たない 永山耕三 22%
第8話 1991年2月25日 この恋を信じたい 本間欧彦 23%
第9話 1991年3月4日 行かないで 永山耕三 26%
第10話 1991年3月11日 約束 本間欧彦 29%
最終話 1991年3月18日 さよなら 永山耕三 32%
平均視聴率 22.9%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

江口洋介のプロフィール

本名    江口 洋介
生年月日  1967年12月31日
年齢    50歳
出身地   東京都豊島区
身長    185 cm
血液型   O型
職業    俳優、歌手
活動期間  1986年 –
配偶者 森高千里(1999年 – )

奥さんの森高千里さんとの結婚はとても話題になった。
きっかけは、写真誌にスクープされたことで世に広まってしまった。
ロン毛のチャラ男も似合いますね。

鈴木保奈美のプロフィール

氏名    鈴木 保奈美
本名    石橋 保奈美(いしばし ほなみ)
生年月日  1966年8月14日
年齢    52歳
出生地   東京都大田区
身長    160 cm
血液型   A型
職業    女優
ジャンル  テレビドラマ・映画
活動期間  1986年 – 1999年
2008年 –
配偶者   川井一仁(1994年 – 1997年)
石橋貴明(1998年 – )[1]
事務所   ホリプロ(1984年 – 1999年)
アライバル(2008年 – )

石橋貴明との結婚は石橋貴明が離婚してすぐのことで
鈴木保奈美が妊娠していたので
不倫中の妊娠だったのでは?と当時話題になった。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。