Pocket

村上徹容疑者元妻のストーカーに相談相手の男性も

村上徹容疑者54歳が元妻35歳と一緒にいた男性40歳をナイフで傷つけ逮捕された。

事件は2017年8月8日午前8時10分頃 大阪市阿倍野区松崎町4の路上で起こった
被害者は女性会社員と大阪府豊中市の男性会社員の二人
首や頭などを、カッターナイフでそれぞれ数カ所切りつけたとしている。
女性は約1カ月の重傷で、男性は軽傷、いずれも命に別条はない

女性会社員は別れた妻35歳
男性会社員は女性に相談されて一緒に通勤していた上司。

相談は「別れた夫が通勤途中で待ち伏せしている」

車で逃走した村上容疑者は8日午後1時半ごろ、京都府与謝野町内で京都府警の警察官に職務質問され
「元妻を切り付けた」と話した。
京都府警が8日午後に京都府内で身柄を確保、大阪府警が殺人容疑で逮捕した。
「元妻に腹が立って切りつけたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認。

いつ離婚したかはわかっていないが
54歳と35歳と年の離れた夫婦だったようだ。

40歳の男性に相談したことが返って村上容疑者を逆上させていまったのか
他の男といたことが許せなかったのかもしれない。
ストーカーと化した男をなだめるというの難しいことのようだ。
カッターナイフを持ち歩いていたというのも怖い。

解決方法を間違えるとこのような結果になってしまうこともある。
やはり、警察に相談するのが得策かもしれない。
男の嫉妬は女よりも醜いと言う説もある。

職務質問は有効なのだと、さすがプロと頭が下がる。
芸能人がよく職務質問をされると言っているのを聞くが
されるような立ち振る舞いなのだろう。

Pocket

コメントは利用できません。