Pocket

朝ドラすずめは永野芽郁(ながのめい)兄は登坂広臣の噂の真相は?「半分、青い。」の佐藤健とはどうなる?

スポンサーリンク



朝ドラ「半分、青い。」のヒロイン、永野芽郁が登場

2018年4月から始まったNHKの朝ドラ「半分、青い。」は
ヒロイン「すずめ」の子供時代を終え

4月16日から高校生になり、永野芽郁と佐藤健が登場する

永野芽郁の兄は登坂広臣の噂の真相は

ネットで検索すると永野 芽郁の兄が出てくる。
そしてその兄が登坂広臣さんなのではとの噂も流れていた。

その噂になったのが、この写真ではないかと言われている
ブログに出てくる兄の写真。


引用:http://blog.stardust.co.jp/naganomei/page/6/

この写真が兄がとてもイケメンで登坂広臣さんにとても似ていると話題になったという。
兄とはとても仲良しで度々登場するという。

永野芽郁さんの兄だから、顔も整ってイケメンなのは
当然と言えば、当然かもしれない。

永野芽郁と佐藤健幼なじみ役で共演 接近するのか

朝ドラ、「半分、青い。」では

同じ日にすずめ(永野芽郁)とりつ(佐藤健)が同じ病院で生まれるところからドラマが始まる。

小さい頃から幼なじみで、お互いに気ごころが知れた同士。

喘息もちの一人っ子のりつと片耳の聴力を失ってしまったすずめをお互いに思いやるいい関係だった。

高校生になって、男女ということ意識せざるおえなくなることからどんなドラマになっていくのか。

りつの存在は公式ホームページによると

鈴愛(すずめ)と同じ日に同じ病院で生まれ、ともに育った幼なじみ。互いのことを誰よりも理解し合っているが、生まれたときから全てが対照的で、容姿端麗、成績優秀。感情のおもむくままに行動する鈴愛と違い、クールな理論派だが、誰よりも優しく傷つきやすいところがある。物心ついたころから鈴愛を気にかけ、鈴愛から頼られてきたが、彼女の大らかさに励まされ、うらやましく思う一面も。鈴愛を守れるのは自分しかいないと心のどこかで思っている。

共演者とは噂になることがある永野芽郁さんは佐藤健と恋愛関係になることはあるのだろうか。
長い期間一緒にいるNHKの朝ドラ、東出昌大さんと杏さんもこの共演で結婚してる。
こちらもちょっと気になるところだ

スポンサーリンク



「半分、青い。」の脚本は北川悦吏子

脚本は北川 悦吏子さん、トレンディドラマでも有名な脚本家
ドロドロとした嫉妬部分が上手い恋愛ドラマが得意。

1961(昭和36)年12月24日生まれ。脚本家・映画監督。
1992(平成4)年に「素顔のままで」で連続ドラマデビュー。主な作品に、社会現象となった「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」。そして、「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など。2009(平成21)年には、映画の世界にも進出し、脚本監督作品に「ハルフウェイ」「新しい靴を買わなくちゃ」。活動は多岐に渡り、エッセイや作詞などでも、人気を集める。NHKでの執筆は、2016(平成28)年ドラマ10「運命に、似た恋」が初。今作が2作目となる。
引用:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/about/index.html

学力も素晴らしくイケメンになったりつと独特の感性を持つすずめはどうなっていくのか。

ドラマ「半分、青い。」のあらすじは

NHKの公式ホームページより

連続テレビ小説第98作「半分、青い。」は、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていきます。

大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった…

永野 芽郁のプロフィールは

氏名    永野 芽郁(ながのめい)
生年月日  1999年9月24日
年齢    18歳
出身地   東京都
身長    163 cm
血液型   AB型
職業    女優・ファッションモデル・タレント
ジャンル  映画・テレビドラマ
活動期間  2009年 –
事務所   スターダストプロモーション

小学校3年生の時に吉祥寺のサンロード付近で買い物しているときにスカウトされて芸能界デビューした。

2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』 で子役デビュー
2010年からファッション誌『ニコ☆プチ』 レギュラーモデル
2013年6月~2016年3月までは姉妹誌『nicola』(新潮社)のモデル
2010年のドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日)では主人公・芳賀稲子(吉瀬美智子)の小学生時代の役
2013年の大河ドラマ『八重の桜』では山川常盤(佐藤みゆき)の少女期を演じる

2015年公開の映画『俺物語!!』ヒロイン役に抜擢
2016年の連続ドラマ『こえ恋』(テレビ東京)で、ドラマ初主演
2017年『僕たちがやりました』のヒロイン役

CMでは

カルピスウォーターで一躍有名になった
「UQモバイル」では三姉妹の三女として話題に。

じわじわと話題になっている今年輝いている女優だ。
朝ドラのヒロインは長い期間で大変と経験者はみなさん口をそろえて言う。
ただ、乗り越えると女優としてまだ一段上を目指せるのだろう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。