Pocket

望月慎太郎がウィンブルドンのジュニアで決勝へ!プロフィールは?決勝の日程、相手選手は?錦織圭の期待!IMGアカデミー後輩16歳!
追記!優勝へ

スポンサーリンク



望月慎太郎がウィンブルドンのジュニアの決勝へ
優勝!!

追記:望月慎太郎はウィンブルドンの決勝で
ジュニア世界ランキング49位のカルロス・ヒメノバレロ(18=スペイン)に6-3、6-2で勝ち、

日本男女を通じては、69年全仏、ウィンブルドンを連覇した沢松(現姓吉田)和子以来、ジュニア4大大会シングルスを制した史上2人目の選手となりました。

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は
2019年7月12日、ジュニアの男子シングルス準決勝が行われました。
第4シードの望月慎太郎が第4シードのM・ダム(アメリカ)を
6-1, 0-6, 10-8のフルセットで破り、
四大大会ジュニアの男子シングルスで日本男子初の決勝進出を果たす快挙を成し遂げました。試合時間は1時間59分。

第3セット5-2とリードした望月慎太郎でしたが、
18ゲームまで続くロングゲームになりました。

2019年5月グランドスラムジュニア初挑戦の全仏でベスト4

2度目の挑戦、2019年7月のウィンブルドンにして決勝まで進んだのですからすばしいとしか言いようがありません。

さらに、望月慎太郎は、ホルガー ビトゥス ノズスコフ・ルーン(デンマーク)とコンビで、ダブルスにも第2シードで出場している。
準々決勝に進出して、第7シードのリアム・ドラクル(カナダ)/ゴビンド・ナンダ(アメリカ)と対戦する。
こちらも楽しみですね。

望月慎太郎の決勝の日程、相手選手は

決勝は、7月14日日曜日に行われます。
時間も分かり次第追記します。

第17シードのH・マイヨ(フランス)と
C・ヒメノ・ヴァレロ(スペイン)の勝者と対戦する。

スポンサーリンク



望月慎太郎のプロフィールは

望月慎太郎のプロフィール

生年月日 2003年6月2日
年齢   16歳

ジュニア世界ランキング 31位
2019年1月 コスタリカのグレード1大会で優勝
ウィンブルドンの前哨戦のベルギー大会でベスト4

3歳からテニスを始める
盛田正明テニスファンドの奨学生としてIMGアカデミーに留学
12歳にして渡米しています。

IMGアカデミーというと錦織圭さんをはじめ
西岡良仁選手、マルチナ・ヒンギス、マリア・シャラポワ
ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズ

なども卒業していて、テニスのエリートの学校。
テニス漬けの日々を送るところです。

アメリカのフロリダ州にあって、行ったら、ちょっとやそっとでは帰って来れません。

言葉も英語の環境。
知らない国の知らない同じ年くらいのテニスが上手になるために
全寮制で集まった人たちの中で12歳の少年が過ごすのですから、
まだまだ子供ホームシックにかからないわけがありません。
よっぽど覚悟がないと過ごせませんよね。

望月慎太郎は錦織圭が期待の選手

錦織圭さんも13歳の時、2003年8月末に同じ選抜生2人とともにIMGアカデミーに参加のため渡米している。

2006年6月の全仏オープンで高校生にして全仏オープンで
世界ランキング2位のラファエル・ナダルが決勝前の練習相手に錦織圭を指名したことでも有名になった。

ウィンブルドン2019でベスト8になった錦織圭さんも
大会中に望月慎太郎さんのことを期待しているとコメントしている。

「将来が楽しみな選手。同じIMGで一緒にやっている。まだまだ若いので、もうちょっと時間はかかると思います。プレーが魅力的。パワーだけに頼らず、色んな方面からプレーできる選手。すごい楽しみな選手」

プレーも錦織圭さんに似ているのかもしれませんね。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。