Pocket

9人の身元判明 座間事件 白石隆浩容疑者はペーパードライバーで運転できなかったため
遺体を捨てに行けなかった

スポンサーリンク



発表された被害者のお名前は

東京八王子市    田村愛子さん 23歳
神奈川県厚木市  三浦瑞季さん  21才
群馬県邑楽町   石原紅葉さん  15歳
神奈川県横須賀市 西中匠吾さん  20歳
さいたま市    久保夏海さん  17歳
埼玉県所沢市   更科日菜子さん 19歳
埼玉県春日部市  藤間仁美さん  26歳
横浜市      丸山一美さん  25歳

ご冥福をお祈りします。

顔写真も公表されている

以下は毎日新聞からの抜粋である。それぞれに丁寧な取材をしているようだ。

◇石原紅葉さん

石原紅葉(くれは)さん(15)は、小中学校や高校の同級生によると、ゲームやアニメが好きで「明るく真面目な生徒」だった。中学3年生だった昨年7月には、地元の群馬県邑楽(おうら)町が開いた「一日子ども議会」で「中学生議員」として町長に人口減少問題を質問した。中学では演劇部、高校では美術部。高校の1学期は皆勤で夏休み中の補講にも参加していた。同級生は「本当に普通に過ごしていた。どうして事件に巻き込まれたのか分からない」と肩を落とした。【杉直樹】

◇更科日菜子さん

小学校の同級生らによると、更科(さらしな)日菜子さん(19)は本を読んだり、絵を描いたりするのが好きで、美術のクラブに入っていた。卒業文集のタイトルは「最後の持久走大会」。走るのが苦手だったが、周囲の応援を受けて最後まで歩かずに走り切った。「すこしの応援でどれだけがんばれるか、ということがよくわかりました」とつづった。

高校で同じクラスだった男性(20)は「男女で分かれてサッカーをした時も嫌がることなく参加した」と話した。【後藤豪】

◇藤間仁美さん

「やれと言われたことはやる、まじめでいい子だった」。藤間仁美さん(26)が勤務していた職場の上司は振り返る。職場には9月13日に早退したのを最後に、姿を見せなくなった。「事件に巻き込まれるとは思わなかった。思い詰めているような様子もなかったが、今思えばもっと話をしておけば良かった」。上司は悔やんだ。

近くの女性は「夫と4、5歳くらいの娘と暮らしていたようだ」と語り、残された子供を案じる。【鈴木拓也】

◇須田あかりさん

須田あかりさん(17)はアニメや絵を描くことが好きで、物静かな性格だった。中学校時代は美術部に所属し「アニメ同好会」がある県立高校に進学。漫画家の夢もあったという。 中学、高校の同級生は須田さんの性格について「おとなしい」と口をそろえる。アルバイト先の飲食店が同じだった男子高校生(18)は「すごくおとなしかった。お金を家に入れるためにバイトをしているようだった」と話した。【宮崎稔樹】

◇久保夏海さん

「未読で返信もないので、嫌われてしまったのかなとも思っていました」。久保夏海さん(17)と中学時代に同じクラスだった高校2年の女子生徒(17)は振り返る。

久保さんが事件に巻き込まれる前、女子生徒はラインなどで久保さんと連絡を取り合っていた。9月21日にラインで近況を知らせるメッセージを送った際はその日のうちに返信があったが、それ以来、音信が途絶えた。「無事でいて」との願いは届かなかった。【中川友希】

◇丸山一美さん

丸山一美さん(25)は中学時代、パソコン部に所属。同じ部活で仲良くする友達もいた。一方で、上履きを隠されることもあり、学校に行けない日も多かったという。中高が一緒だった同級生は「おとなしくてまじめだった。電車で会うと、好きなアニメの話をうれしそうにしてくれた」と話す。高校を卒業して約7年間、家から出られなかったが、母の勧めで今年4月からコンビニエンスストアでアルバイトを始めていた。【杉山雄飛】

◇三浦瑞季さん

三浦瑞季さん(21)の中学時代の同級生の母親は、娘と三浦さんが同じアルバイトをしていたといい、「可愛い明るい子。まじめで、きちんと『ありがとうございます』とあいさつもできて、パートの人たちから可愛がられていた」と話す。アルバイトを終えた2人を車に乗せた帰り道、会話に花が咲いたという。

別の同級生は「目立つタイプではないが学校には休まず来ていた」と声を落とした。【土江洋範】

◇西中匠吾さん

唯一の男性被害者と確認された西中匠吾さん(20)。地元のバンドでベーシストとして活動し、「マック」の愛称で親しまれた。8月末に「ライブを見に行く」と家族に告げた後、連絡が途絶えた。

バンドの仲間たちは行方を捜し続けた一方、「事件に巻き込まれていないことを祈ってきた」という。「ステージに上がると生き生きとしていた」西中さん。「CDを出したい」との夢はかなわず、仲間たちは悔しがった。【田中義宏】

 

当初は身元が判明するのには時間がかかるのでは?と言われていたが
その後所持品が見つかった。

バッグ5個、靴8足やスイカなど身元が分かるものが発見されていると
言われていた。

なにより、全員に捜索願いが出されていた。
家族からDNAを調べられる物が提出されていた
親子間によるDNA鑑定も行われたのもあったという。
親御さんにとって悲しい結果がでてしまった

スポンサーリンク


白石容疑者はペーパードライバーで運転できなかった

アパートに遺体があったことで、DNA鑑定が容易にできたことになる。

ペーパードライバーで運転できないと自ら言い切ってしまうことも
性格なのか?ペーパードライバーだって、教習所では車を運転していたのに
諦めてしまった。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。