Pocket

川口能活の現在は?あいつ今何してる?で同級生が暴露?!

川口能活さん、サッカーの元日本代表のゴールキーパー
「日本の守護神」
現在42歳。まだ現役でキーパーをしている
所属チームはSC相模原

スポンサーリンク



川口能活さんのプロフィールは

生年月日  1975年8月15日(42歳)
出身地   静岡県富士市
身長    180cm
体重    77kg

サッカー歴

漫画『キャプテン翼』の影響や兄の薦めから9歳でサッカーを始める
小学生時代は富士市内のスポーツ少年団でプレー
当初はポジションを転々としたが、小学校4年生から本格的にGKに専念

1988年に東海大学第一中学校に入学
在学中に3年連続で全国中学校サッカー大会出場を経験
2年時・3年時の2度、大会優秀選手に選出

1991年 清水市立商業高等学校(現静岡市立清水桜が丘高等学校)に入学
1年生時からレギュラーとして試合に出場
第70回全国高等学校サッカー選手権大会に望月重良や平野孝らと共に出場。
前園真聖を擁する鹿児島実業に1-2で敗れ3回戦で敗退

第72回全国高等学校サッカー選手権大会に出場
田中誠、小川雅己、佐藤由紀彦、安永聡太郎、鈴木悟ら後のJリーガーを多く擁するチームを、キャプテンとして率いた
予選から準々決勝まで11試合連続無失点を記録
準決勝で城彰二を擁する鹿児島実業高校と再び対戦
試合は2-2でPK戦川口が止めて決勝戦へ
決勝戦は前年度王者の長崎県立国見高等学校と対戦し、2-1で勝利
5年ぶり3回目の選手権優勝

1994年 横浜マリノスに加入
2年目にしてレギュラー獲得
1995年度 チャンピオンシップでヴェルディ川崎に勝利し年間優勝新人王も獲得

所属チームの流れ

1994年 横浜マリノス
2001年 ポーツマスFC(イングランド)
2003年 FCノアシェラン(デンマーク)
2005年 ジュビロ磐田
2014年 FC岐阜
2016年 SC相模原

スポンサーリンク


日本代表歴

1994年2月2日 U-23マレーシア代表戦に初出場
1996年7月22日 アトランタオリンピック1次リーグ第1戦
ブラジルから1点取る「マイアミの奇跡」に出場
ブラジル相手に0点の完封勝利。
相手の監督に「日本のGKは素晴らしかった」と絶賛される

1996年8月25日 ウルグアイ戦でフル代表に招集
1997年2月13日 キングスカップスウェーデン戦において国際Aマッチ初出場
1997年9月19日 アブダビでのUAE戦で日本初のワールドカップ出場した「ジョホールバルの歓喜」にも出場
1998年   FIFAワールドカップのフランス大会のメンバーに選出
2000年 AFCアジアカップ2000 優勝
2001年 FIFAコンフェデレーションズカップ2001
2002年 2002FIFAワールドカップ日韓大会(レギュラーではない)
2003年 FIFAコンフェデレーションズカップ2003(レギュラーではない)
2004年 AFCアジアカップ2004 3度目優勝
2005年 FIFAコンフェデレーションズカップ2005
2006年 2006FIFAワールドカップドイツ大会

有言実行の人

小学校の卒業アルバムで
3つの目標を掲げていた。

高校選手権   優勝
Jリーグ    優勝
ワールドカップ 出場

小学校の時に書いた夢をすべて叶えたと
ワールドカップに出場した時に有名になった。

イチロー選手も同じように
自分が描いた自分を実行している

夢は叶うと日本中のサッカー少年
いや、夢を持っている人すべての人に
希望を与えてもらった存在である。

あいつ今何してるで出演した同級生は

小学校、中学校の時代の同級生

「いっちゃん」
サッカーが上手くて、勉強もできて
川口さんがライバル視していたという。

逆に中学時代、いっちゃんには後ろにいてくれる
安心できる存在だった。
それで、ディフェンスをサボる癖がついてしまったのかも。と
笑っていた。
そして、「それも止めるんかい」というほど完璧な守護神だったと当時を語っていた。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。