Pocket

山本浩都(やまもとひろくに)の顔写真は?無免許運転がバレるの怖くて逃げた
バイクの専門学生は死亡が確認

山本浩都(やまもとひろくに)の顔写真は

山本浩都の顔写真はまだ公開になっていない
公開され次第追記する

事件が起こったのは

日時
2017年12月21日午後11時半ごろ

場所
京都市右京区太秦の丸太町通

山本浩都の運転する車が交差点を右折しようしたところ
直進してきたバイクの衝突した。

そのまま車は現場から立ち去った

防犯カメラの様子が公開になっている

スポンサーリンク


逮捕されたのは

京都市右京区の無職・山本浩都容疑者 25歳

警察の調べに対し「無免許運転がばれるのが怖くて逃げた」

「今まで何回も無免許で運転していた」

警察は事故後、現場近くの住宅街で破損した車を発見。
運転していた山本浩都容疑者をひき逃げの疑いで逮捕した。

被害者の専門学生は

バイクを運転していたのは専門学生の戸城陽希(としろようき)さん19歳

搬送先の病院で死亡した。

無免許で運転

山本容疑者無免許だとの自覚があった。
失効したのか取り消しになったのか。
一度も免許を取得したことがなかったのか
わかっていない。

ただ、事故を起こさなければ、無免許でも運転できてしまうという現実

運転しているときに免許証を提示するのは、検問にあったときくらい。
検問なんて普段運転していて、そんなに遇うものではない。

ということは、無免許でも運転できてしまうということなのだろうか。。。

無免許運転とは

【純無免】
一度も運転免許証の交付を受けたことない人が運転すること
【取消無免】
免許の取り消し処分を受けた後に運転すること
【停止中無免】
免許の停止処分中に運転すること
【免許外運転】
一部の免許はあるが、運転しようとする車種に応じた免許を取得せずに運転すること

他にも
・偽造免許や他人名義の免許での運転
・免許試験に合格後、正式な免許証交付前の運転
・日本国内では無効な免許証での運転

免許条件違反
・」条件外の車を運転する行為

無免許運転の刑罰

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

無免許運転で人身事故を起こしてしまった場合には、罰金刑の規定はなく、最低でも懲役6ヶ月“以上”が科せられる

さらに飲酒運転が加わると、最長で15年以下の懲役が科せられる

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。