Pocket

尾畠春夫(おばたはるお)さん78歳 スーパーボランティアが藤本よしきちゃんを発見

スポンサーリンク



尾畠春夫さんがよしきちゃんを発見

2018年8月12日から行方不明になっていた
山口県周防大島の藤本よしきちゃんを発見したのは

スーパーポランティアの尾畠春夫(おばたはるお)さん78歳だった

よしきちゃんを発見したのは警察ではなく尾畠春夫さん

よしきちゃんを発見したのは、スーパーボランティアの尾畠春夫さんだったというから驚きだ。

8月15日午前6時50分頃、よしきちゃん発見のニュースが飛び込んできた。

尾畠春夫さんはスーパーボランティアだった

警察は午前7時から捜索が開始されることになっていた。
その前に尾畠春夫さんは、午前6時頃、出発した。
スーパーボランティアが発見したのだった。

以前は魚屋さんを営んでいたそうで
現在は78歳。

「学歴もない何もない人間だが、65歳で鮮魚店を辞めて、残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた」

と全国各地で車中泊しながら、ボランティア活動を行ってきたという。

先日の広島へもボランティアに行っている
その筋では有名なスーパーボランティア。

広県でのボランティアを終え、一時帰宅していたが、よしきちゃん
を報道を聞いてよしきちゃんを探しに
14日に周防大島にボランティアに訪れたという。

過去の経験から判断

以前にも捜索した経験があった。

「大分の佐伯で2歳の女の子を探した経験から、下るということはないと思っていた。不思議なもんで、子どもっていうのは、上に上がるのが好きみたい」

と話し、今朝は家族から行方不明になった場所を聞いて、

「絶対この上にいるなと確信した」と話している。

スポンサーリンク



発見当時の様子は

「よしくん、よしくん」と声をかけながら探していった。

そうすると「おじさん、ここ」と声がしたという。

沢のところで腰かけていたよしくんは
自力で動くことはなかったという。

尾畠春夫さんは隣にいって座り、「よく頑張ったね」と声をかけた。
アメを渡したという。
すると受け取り、急いで、嚙み砕いて食べたという。

その時の様子を

「一瞬、心臓が止まりそうな感じがした。近づいて、“頑張ったね“と言って、飴の袋を取り出したら、袋ごと取って手を突っ込んで開けようとした。自分では破れなかったから、開けて渡してあげたら口に入れて、途端にガリガリと噛んだ。この声の出し方、飴玉を袋ごと取って口に入れる様子を見て、これは大丈夫だなと思った」

と話している。

さらに

「人の命って重いから、何かお手伝いさせてもらえいたいなと思って参加した。尊い命が助かってよかった。“おいちゃん、ここ“と言った時は嬉しかった」

と涙を浮かべていた。

よしくんは、泣きもせず、淡々としていたという。
その生命力の強さが3日間、一人で生き抜いたと言えるのでは。
尾畠春夫さんは両親の育て方がよかったと感じる言っていた。

さらに尾畠春夫さんの熱い思いが通じたのかもしれない。

そして、よしくんは4人兄弟の末っ子
三男というたくましさもあったのでしょう。

尾畠春夫(おばたはるお)さん新たなボランティアへ

尾畠春夫(おばたはるお)さんの挑戦は続く
山口県でよしきくんを救出し、雨の中、差し出された傘も受け取らず、
家に帰り、ひと時の休息をした尾畠春夫さん。

すぐに次のボランティア先へ出かけた

尾畠春夫さんが西日本豪雨の被災地、広島・呉市で活動するのは、2回目。
尾畠春夫さんは「前回以上にまた、ボランティアをさせてもらおうと思います」と話した。

午後5時ごろ、広島・呉市に到着した尾畠春夫さんは、8月30日まで、土砂の撤去作業などを行う予定

本当にスーパーボランティア。
頭が下がります。

 

hスポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。