Pocket

尾形大介の顔写真は?白タクでひき逃げ、偽造緑ナンバー

スポンサーリンク



尾形大介の顔写真は

尾形大介の顔写真は、テレビのニュースで公開になっています。

逮捕されたのは

逮捕されたのは、東京都足立区の尾形大介容疑者 40歳。

尾形大介容疑者の逮捕容疑は

尾形大介容疑者の逮捕容疑は

2018年1月から5月にかけて、
タクシーの営業許可を受けずに客を有料で乗せる
「白タク」行為を繰り返すなどした疑い。

とさらに

2018年3月、東京・足立区保木間の日光街道で、尾形大介容疑者は
白タクを運転中に赤信号で止まっていたバイクの男性58歳に衝突。
被害者に自分の免許証を渡し、「場所を移動しましょう」
と言いながら
そのまま救護措置をとらずに逃走した、過失運転致傷などの疑い

バイクの運転手は軽傷を負った。

スポンサーリンク



白タクの車はネットで購入

尾形大介容疑者は元タクシー運転手。

タクシーやメーターなどはインターネットで買ったと供述しているという。

白いナンバーに偽物の営業用の緑ナンバーを付けていたという。
言い訳に
「趣味で付けていただけで、外に出る時は外していた」といっているという。

尾形大介容疑者は容疑を否認している

尾形大介容疑者は
「当て逃げ事故は起こしていません。白タク行為もやっていません」などと容疑を否認している

尾形大介容疑者は以前にも逮捕されていた

ネット情報によると
元タクシー運転手ということでしたが、タクシー運転手で
いられなくなる事件を起こして逮捕されていたことが
わかりました。

2015年12月17日
交通トラブルからになった当時44歳の男性の顔を数回〇り、
タクシーの前に立ちはだかり、ボンネットにしがみついた男性を乗せたまま750メートル走り、路上に振り落としたして逮捕されていました。

タクシーのドライブレコーダーには、
尾形大介容疑者が急発進や急ブレーキを繰り返す様子が映っていたと言います。

その男性は1ヶ月の重傷を負ったにも関わらず、尾形大介容疑者は
逮捕直後「逮捕されるほどのことではない」と供述していたという。

今回もそうですが、尾形大介容疑者は罪の意識が薄いようです、

この事件で尾形大介容疑者がどのくらいの罪になったかは
見つかりませんでしたが、このことが原因で
タクシードライバーとしては勤められなくなったようです。

そして、ネットで個人タクシーの車やメーターを購入。
ナンバーも緑色だったら、
「白タク」とはわからなかったでしょう。

バイクとの事故がなければ、尾形大介容疑者は白タクの営業を続けていたかと思うとゾッとします。

最近、中国人や、韓国人の白タクが捕まっているのを
目にしますが、氷山の一角のようです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。