Pocket

小松徳子容疑者 騒音トラブル近所の男性をボンネットの乗せたまま走行

小松徳子容疑者65歳が逮捕された。
神奈川県小田原市で2017年8月17日午後11時過ぎ

広告

事件の経緯

車で自宅の駐車場に戻ったところ、近所の男性47歳に衝突。
男性は道路に転んだらそのまま引かれてしまうと察し、
ボンネットにしがみつた。

小松容疑者は、それでも止まらず走らせたため殺人容疑で逮捕となった。

事件の背景

今年の6月頃から、小松容疑者の自宅のテレビや風鈴の音に
近隣から苦情が出ていて近所の住民とのトラブルについて男性が注意しようとしたところ、車で帰宅した小松容疑者がそのまま車を発進させたという。

被害にあった男性は腕などにケガをしたが軽傷。

被害者47歳男性の話

その男性がテレビのインタビューに答えていた。

「(これまで小松容疑者に)油はかけられる、卵は投げられる、さばのみそ煮缶をぶちまけられる。(17日は)車の前に立ちはだかったところ、いきなり発進されて、ぶつかり、倒れていたらひき殺されると思ったので、(車に)そのまましがみついていた。顔を見ながら(車を)前進されたので、恐怖以外の何ものでもない」

と語っている。

広告

小松容疑者は容疑を否認している。

警察の調べに対し小松容疑者は、殺意はなかったと容疑を否認しているという。

騒音問題が出たのは今年の6月からだったとニュースでは言っている。
以前から、近所の人は迷惑していたのだろうか。

テレビの音、風鈴の音、どこにでもあるものが
こんな問題になるということは相当、度が過ぎていたのだろうか。

小松容疑者は一人暮らしだったのかも公表されていない。

午後11時に車で帰宅というのも65歳の女性してはなかなか。

広告
Pocket

コメントは利用できません。