Pocket

家田慎也の顔写真は?総武線、幕張本郷駅の送電線の柱に登った男
逮捕容疑は「建造物侵入の疑い」

スポンサーリンク



家田慎也(いえだしんや)の顔写真は

家田慎也の顔写真はまだ公開になっていない
公開され次第追記する。

逮捕されたのは

千葉県船橋市の自称、会社員、家田慎也容疑者 51歳

〇漢を受けたと連絡

JRによると、騒ぎの前に「〇漢を受けた」と女性の利用客から連絡あった。
駅員が対応していたところ、その場にいた男が逃走したという。
その逃げた男が家田慎也容疑者と同一人物?として

警察は詳しい状況を調べているという。

事件が起こったのは

2018年6月2日、午後9時50分頃
千葉県千葉市花見川区にあるJR総武線の幕張本郷駅

家田慎也容疑者は線路内に立ち入り、送電設備の柱の上に
登って動かなくなった。

その後、必死の説得により、2時間近くなって
身柄が確保された
ケガをしていて病院に搬送された。

家田慎也容疑者の逮捕容疑は

家田慎也容疑者の逮捕容疑は、「建造物侵入の疑い」

事前に騒動になっていた「〇漢」
そして、JRの電車を3時間近くも止めたこと

これらの罪にもとえるのか調べが続くだろう。

スポンサーリンク



電車は3時間t運転見合わせ

家田慎也容疑者が柱からおりなかった影響で
JR総武線は3時間近くにわたって運転を見合わせ

JR総武線の各駅停車の津田沼と千葉の間の上下線で
快速電車は東京と千葉の間の全線の上下線で運転を見合わせだった。

31本の列車が運休するなどおよそ3万人に影響がでた。
運転再開になったのは、午前0時34分

総武線は、東京都千葉をつなぐ電車で
代わりに乗り換える電車がない、

この電車がとまってしまうと、「ひたすら待つ」しかない状態。

賠償金は発生するのか

電車を止めるとその後JRから賠償金の請求が来るとよく聞く。

そして、その金額がとんでもない金額になるというもの。

地域や時間帯にもよるという。

運休になった場所によって変わるとか
1分間事に、請求額が換算されていくとか
影響があった人数によるとか
乗換が聞かない場所によってとか
運休した電車の本数とか

いろいろ言われている。

今回の場合は

発生した時間、午後9時過ぎ
乗客数が多い、総武線。

止まった路線が、総武線と東京と千葉とつなぐ路線で
振替輸送の電車が少ないというところ。

影響があったのは3万人。

運休したの31本の列車。運休しなくても
そもそも電車は遅れてしまっている

これらを加味すると相当な金額になってしまうかもしれない。

賠償金の検討し始めたとのニュース6月4日

ちなみにこれまでの最高金額は

1992年のJR東日本が請求した踏切り事故での請求

その金額は1億1347万6892円!
1998年に千葉地裁判決が支払いが命じている。

ここまで、高くなくても数百万円の請求が来たというのは
よく耳にする。
この事件も請求されるなら相当な金額になるだろう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。