Pocket

宮崎謙介の不倫相手は誰だったの?金子恵美は不倫夫をなぜ許したのか?「しくじり先生」で何を講義する

スポンサーリンク



宮崎謙介はゲス不倫国会議員

宮崎謙介さんというと、「ゲス不倫旦那」として一躍有名になりました。

国会議員なのに、妻の金子恵実さんが妊娠しているのに、
さらに京都の自宅マンションに招き入れ、
グラビアタレントと宿泊したとの「文春砲」に遭いました。

どれ一つとってもアウトなのに、3つも揃ってしまった。
「国会議員なのに」
「妻の金子恵実さんが妊娠中に」
「自宅に他の女を入れるなんて」

そして、妻の金子恵実さんが出産で、夫が育児休暇を取りやすくしたいと訴えていた国会議員でした。
そして、国会議員として、初めての育児休暇を取ると宣言していた議員でもありました。

「イクメンのふりして不倫かよ」と
女性からバッシングされるのは当たり前でした。

バッシングを受けた宮崎謙介さんは議員を辞職することなり

2017年2月12日、宮崎謙介さんは議員会館内で記者会見を行いました。
不倫を認めた上で、議員辞職する意向を表明した。

不倫による議員辞職は、憲政史上初めてだったといいます。
昔の議員さんには、お妾さんがいて当たり前。
本妻さん以外の女性に子供がいる議員なんてごまんをいました。

現役の重鎮な議員さんからすれば、男の浮気で議員を辞職するなんて馬鹿げたことだと思っている方が多いのでは?と思ってしまいます。

宮崎謙介の不倫相手は誰

その不倫相手の女性はグラビアタレントの「宮沢磨由」さんだと
日刊スポーツが報じました。

記者会見で宮崎謙介さんは、
「相手からSNSでメッセージをもらった」とハニートラップに遭ったくらいのことを言いました。

それに対して、2月15日、TBSの取材に反論しました。

宮崎謙介さんと初めて出会ったとされる1月4日の状況について証言した。

証言によると、宮崎は「着付けってどうやるのか教えて」と声をかけた上、女性タレントの手を握るなどし、その後、宮崎は女性タレントに対しLINEで「好き」「会いたくてたまらない病」「私のど真ん中は“ソナタ”」「京都に来ない?」といったメッセージを一日に400回以上も送りつけ[44]、何度も繰り返し自らの写真をLINEで送るよう要求したという。

その他にも
会見のなかで、結婚後、他にも複数の女性と性的関係があった点を認め、謝罪。

さらに
宮崎謙介さんはが金子恵美さんとは別に他の女性とも婚約していたと報じられました。

宮崎謙介はバツイチだった

宮崎謙介さんと金子恵美さんが結婚する前に結婚していました。

2006年に加藤鮎子さんと結婚、2009年、離婚

離婚原因は宮崎謙介さんの女性問題とされています。
加藤鮎子さんは岳父が加藤紘一氏

結婚して宮崎謙介さんは加藤姓を名乗りました。
それは、加藤紘一の引退後に自身が出馬できるよう準備を整えて
いたからとも言われていました。

「当時は政界に興味は全くなかったです」と言っているが
結局、離婚したため、京都3区から公募で出馬している。

スポンサーリンク



宮崎謙介さんのプロフィール

氏名    宮崎 謙介(みやざき けんすけ)
生年月日  1981年1月17日
年齢    37歳
身長    188㎝
出生地   東京都新宿区
出身校   早稲田大学商学部
前職    政治家
所属政党(自由民主党〈二階派〉→無所属
配偶    加藤鮎子(2006年 – 2009年)
金子恵美(2015年 – 現在)
親族    義父・金子由征(新潟県月潟村村長・
6期 1982年 – 2005年

衆議院議員
在任期間 2012年12月16日 – 2016年2月16日

2歳から7歳まで総合商社勤務の父の仕事の都合によりフィリピンで生活

1999年(平成11年) 早稲田大学高等学院卒業
2003年(平成15年) 早稲田大学商学部卒業
2003年(平成15年) 日本生命保険に入社
2004年(平成16年) 人材派遣会社のインテリジェンス
(現・パーソルキャリア)に転職
2005年(平成17年) ITベンチャーのドリコムに転職
2006年(平成18年) 加藤鮎子(当時加藤紘一秘書・現衆議院議員)と結婚(2009年離婚)
2007年(平成19年)  株式会社ネオトラディションを創業

2012年(平成24年) 京都3区自由民主党から出馬し、初当選。
2014年(平成26年) 第47回衆議院議員総選挙で2回目の当選
2015年(平成27年) 金子恵美(当時衆議院議員)と再婚
「できちゃった婚」たった
2016年(平成28年) 衆議院議員を辞職し、自民党が離党を了承

金子恵美はなぜ宮崎謙介さんの不倫を許し離婚しないのかを
しくじり先生で

金子恵美さんは宮崎謙介さんにゲス不倫された可愛そうな妻なはずなのに、まだ離婚をしていません。

そして、離婚をしなかったため?か次の選挙で落選してしまい、
現在は、不倫夫とネタに?タレント活動をしています。

そんな金子恵美さんのプロフィールは

氏名    金子 恵美(かねこめぐみ)
生年月日  1978年2月27日
年齢    40歳
出生地   新潟県西蒲原郡月潟村
(現:新潟市南区)
出身校   早稲田大学第一文学部
所属政党  無所属→自由民主党(二階派)
配偶者   宮崎謙介
親族    父・金子由征(元:月潟村長)

学歴    月潟村立月潟中学校、
新潟県立三条高等学校、
早稲田大学第一文学部文学科演劇専修卒業

2000年3月 大学卒業後
2002年  「新潟県きものの女王」
2003年4月 新潟放送に一般職非常勤職員として入社
2003年  ミス日本関東代表に選出

2007年  新潟市議会議員選挙に南区選挙区から出馬トップ当選
2010年  新潟市議を1期目の任期途中で辞職
新潟県議会議員補欠選挙に出馬し、無投票で当選
2012年  新潟県議を辞職
第46回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で新潟4区から出馬当選

2014年 第47回衆議院議員総選挙 再選
2015年5月19日 宮崎謙介との結婚を発表
2016年2月5日  男児を出産
2016年2月16日 宮崎は議員辞職
宮崎謙介の不倫騒動により産後回復が遅れたという

2017年10月22日 第48回衆議院議員総選挙では自由民主党公認で出馬するも、落選した。

落選から1週間後、夫である宮崎と『サンデージャポン』(TBSテレビ)2017年10月29日放送分に出演

誰もが離婚すると思われた金子恵美さんはなぜ宮崎謙介さんと
離婚しなかったのでしょうか

宮崎謙介、金子恵美二人揃ってしくじり先生に出演

番組予告では

■宮崎謙介&金子恵美・・・「不倫して妻と国民を裏切っちゃった元議員先生」 2016年に不倫で世間を騒がせた元国会議員の宮崎謙介が登壇。今回は宮崎謙介本人が不倫騒動の一部始終を語るだけでなく、今までどこにも話していない新事実を告白します!さらに、妻である金子恵美がその時どう思っていたのか?その心情を赤裸々に激白!不倫して人生を台無しにしないための授業をお届けします!

すべて飾らないで、話してくれると
どんなことを話してくれるのでしょうか。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。