Pocket

宮下裕介の顔写真は?小学生女児にスプレーをかけた男が逮捕

スポンサーリンク



宮下裕介の顔写真は

宮下裕介の顔写真はまだ公開になっていない
公開され次第追記する

逮捕されたのは市の臨時職員だった

逮捕されたのは田辺市の臨時職員・宮下裕介容疑者20歳
(田辺市新屋敷町)

逮捕容疑は

2017年12月9日午後3時5分ごろ、和歌山県田辺市上芳養の県道で
歩いていた女児に声を掛け、顔に液体を噴射。
全治3カ月の皮膚炎などを負わせた疑い

2017年12月20日、和歌山県警田辺署は傷害容疑で逮捕した

スポンサーリンク


容疑を認めている

調べに対して宮下裕介容疑者は

「ランドセルを背負った女の子に声を掛け、催涙スプレーをかけた」

と容疑を認めている

田辺署によると現場付近の防犯カメラの映像などから宮下容疑者を特定したという。

現場は山間部で、人通りも少ないという。

山間部にも防犯カメラはちゃっと設置されているのだ。

市の職員だったことにショックが大きい

逮捕された宮下裕介容疑者20歳は臨時とは言え市の職員
20歳。

犯人が逮捕されたことでこの学校に通っていた子供達の保護者も一安心だろう。

学校も子供だけでは通学させられない時代に日本もなっていくとは
悲しい事だ。

助けを求められた近所の人は

事件直後助けを求められた近所の人の話によると
スプレーをかけられた少女は、顔が真っ赤に腫れていたという。

口の中にも入ってしまってとても痛いと言っていたという。

この事件を聞いたとには、化学反応が出てしまう、人体に有害なものだと思った。

そして、その後催涙スプレーだったことがわかった。

どのくらいかかってしまったのかはわからないが、
催涙スプレーは真っ赤に顔が腫れあがり、全治3ヶ月もかかるほど
ひどいものだと知らなかった。

ドラマで観ていたのとはかなり、違って怖いもの
ホントに犯罪者相手に怖い時にしか使ってはいけないものなのだと感じた

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。