Pocket

安井友梨の失格理由と噂されるのはなんだったのか

安井友梨(やすいゆり)さんはフィットネスビキニの第一人者
2015年、2016年とオールジャパン選手権大会で階級別で優勝
各階級の優勝の中からさらに優勝を決めるオーバーオールでも連覇していた

スポンサーリンク



その安井さんが2017年でオーバーオールに出場することができなかった。
階級別で優勝して、オーバーオールに出られない失格理由はなんだったのか

フィットネスビキニ優勝への道
https://ameblo.jp/yuriyasui/

安井友梨(やすいゆり)のプロフィールは

生年月日:1984年1月13日 33歳
出身:愛知県
身長:173cm
職業:外資系金融機関(営業)
会社:オーストラリア・ニュージーランド銀行
役職:シニアリレーションシップマネージャー
前職:SMBCフレンド証券主任
出身高校:松蔭高等学校(偏差値60)
出身大学:椙山女学園大学(お嬢様大学)
大学時代:茶道部
・学生時代からリンパマッサージにハマり、リンパマッサージの教室に通っていた。
30歳から本格的に始める

体重:オン52kg、オフ66kg
増量期間:12月?5月末
減量期間:6月?3月末

スポンサーリンク


第4回 オールジャパン・フィットネスビキニ選手権の結果

フィットネスビキニ 35才以下158cm以下級
1位 許 冴恵
2位 杉山 亜希
3位 山口 あずさ
4位 藤松 直子
5位 中谷 公美
6位 森 梓

フィットネスビキニ 35才以下163cm以下級
1位 下村 裕希
2位 大渡 美咲
3位 岡田 幸
4位 坂本 あずさ
5位 秋庭 沙織
6位 長崎 真子

フィットネスビキニ 35才以下163cm超級
1位 安井 友梨
2位 福島 麻里
3位 大脇 朋香
4位 坂本 愛美
5位 田中 絢子
6位 田上 舞子

フィットネスビキニ 35才超158cm以下級
1位 秋本 明子
2位 佐藤 聡恵
3位 三船 麻里子
4位 山本 明子
5位 関根 秀子
6位 澁谷 美和子

フィットネスビキニ 35才超163cm以下級
1位 菅原 ジョイ
2位 松宮 悠夏
3位 鈴木 亜砂の
4位 藤田 千賀子
5位 潤 美和子
6位 石井 文子

フィットネスビキニ 35才超163cm超級
1位 小野 貴子
2位 長瀬 陽子
3位 堀 和恵
4位 丸山 典子
5位 森 明子
6位 小島 啓子

フィットネスビキニ オーバーオール
1位 小野 貴子
2位 秋本 明子
3位 福島 麻里
4位 下村 裕希
5位 菅原 ジョイ
6位 許 冴恵

2017オールジャパン選手権大会 フィットネスビキニ Age35以下163cm超

体調不良だった

決勝ラウンドに入った時にそれは起こった。
猛烈な吐き気に襲われトイレから出ることができなかった。

結果競技に大幅遅刻ゼッケンなしで出場すると言うルール違反をしてしまった。

審査員は彼女の処遇について議論を重ねる。
失格と判断を下すかどうか。

しかし、激しい吐き気でトイレから出ることができなかった。
と救済する余地もあるとの意見もでた。

何より、総合優勝2連覇している選手。
そこで、同じ階級の他の出場者たちにジャッジを求めることにした。

他の選手たちは階級の順位はそのまま審査を続行することにし、
オーバーオールへの出場は認めないということに決定した。

安井さんは2017年はその階級では優勝したけれど
オーバーオールには出場することができず

3連覇を逃してしまったということになった。
絶対的女王も「吐き気」にはかなわなかった

この日のために頑張って来たのに残念だろう。

世間では
彼女でなければ階級の審査前に失格になっていたのでないか
体調を管理するのも当然ではないかと

と厳しい声もあがっている。

ブログをみると応援してくなってくる
これからの活躍に期待する

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。