Pocket

奥野敦士はROGUE(ローグ)のボーカル、桜井和寿も影響の
「終わりのない歌」の半身不随から復活

スポンサーリンク



奥野敦士(おくのあつし)はROGUE(ローグ)のボーカル

奥野敦士さんは
生年月日 1963年6月25日 の55歳で
ロックバンド ROGUE(ローグ)のボーカルです。

ROGUE(ローグ)の歴史を紹介すると

1982年10月 ROGUE結成
1983年1月 TVK「ファイティング’80」新人オーディション優勝
1983年2月 同番組でTHE MODSのサポートを務め話題に
1983年12月 西武劇場「NEW YEAR ROCK FES」出演
1984年1月 音楽性の違いからボーカルが脱退、ベースだった奥野敦士さんがボーカルに

1985年 アルバム「ROGUE」でキングレコードよりメジャーデビュー
1985年5月 日比谷野外音楽堂「JAPAN ROCK FES」出演。
1985年12月 西武劇場「NEW YEAR ROCK FES」3年連続の出演。
1986年5月 地元、前橋市の市民文化会館で、初のワンマンコンサート。700人を動員。日比谷野外音楽堂「JAPAN ROCK FES」2年連続の出演。

1986年 インディーズでアルバム「ANOTHER SIDE」(RUNNERS RECORD)リリース。
1987年6月21日 ポニーキャニオンへ移籍。
シングル「LIKE A MOON」アルバム「VOICE BEAT」リリース。

1987年11月6日 セカンドシングル「終わりのない歌」リリース。
1988年3月5日 サードシングル「OVER STEP」リリース。
1988年4月6日 セカンドアルバム「SERENADE」リリース。
1989年8月30日 日本武道館単独ライブ「単独行動」で8000人を動員。
1990年 ROGUE解散

奥野敦士が転落事故に

1990年にROGUE(ローグ)が解散し、ソロ活動にはいります。

俳優としても活動し、1991年、映画「TVO」出演しています。

1992年に初のソロアルバム「Brand New Story」をフォーライフをリリース。

1997年 東京メンズシャンソンズ結成。
1998年 映画「大怪獣東京に現わる」出演。
1999年 世良公則とシナプスを結成。
1999年 ドラマ「富江 恐怖の美少女」出演。
2001年 映画「岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 episode-1」出演。
2004年 樋口豊とWild Wise Apesを結成、アルバム「3rd world」リリース。
2006年 映画「ラブレター 蒼恋歌」出演

順調だったように見えたソロ活動でしたが、思うように収入があがりませんでした。

一時は、荒れた生活を送りますが、ROGUのリーダーの香川誠さんが電話をくれます。「ROGUを再結成しよう!」と

これまでの生活を改め、バンド活動再開のために奥野敦士さんは、アルバイトを始めます。

それが、解体のアルバイトでした。
そして、転落事故にあってしまいます。
2008年9月、アルバイトの解体現場で、屋根から落下して脊髄を損傷。半身不随に、
7メートル下に落下してしまったそうです。

それからつらいリハビリ生活に入ることになります。

スポンサーリンク



完全看護状態からのリハビリ

頸椎損傷で、下半身を動かすことができなくなっていた。

当時の主治医によると、奥野敦士さんの
生活は「全面介助」食事も排泄はもちろん
日常生活の一挙手一投足、介助がないと生活できない状態で

「アーティストとしての復活」は無理だろうと言われていました。

再結成の誘いをしてくれた香川誠さんが病院に駆けつけてくれました。
解散依頼18年ぶりの再会でした。
香川さんは「奥野が生きていてくれてよかった。でも再結成なんて言わなければよかった。」とも考えたという。

リハビリを続け、中指だけが動くようになった奥野敦士さん。

それから、1年半後、1枚のDVDが送られてきました。
それは、奥野敦士さんの復活を望むライブでファンからの熱いメッセージも入っていました。

奥野敦士さんは一念発起。
歌えるようになることを決心するのでした。

歌おうと試すも、腹筋がなく歌うことができなかった。
腹筋がないと音程も取れず、か細い声しか出なかったと言います。

それでも奥野敦士さんはあきらめなかった。
腹筋がないならば、別の方法で声を出すことを考えたのでした。

それは、体を固定し、前に起き上がることで声を発生させるというもの。

リハビリの結果、なんとかある程度の声量がでて
歌えるまでに復活するのでした。

奥野敦士さんは待っていてくれるファンのため、
歌っている様子を動画で配信したのでした。

復活のきっかけは、桜井和寿

動画を見たのはファンだけではなかったのです。
桜井和寿さんもその一人でした。

ミスチルの桜井和寿さんは、ミスチルとは別にBank Bandも結成していました。

その中で、いろいろなカバーした曲を歌っています。
代表的なのは中島みゆきさんの「糸」や、
斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド 」なども有名です。

夏のフェスに奥野敦士さんの出演をしてほしいと
群馬の病院まで訪ねてきてくれたというのです。

しかし、まだ体力がない奥野敦士さんには厳しい条件でした。
群馬から静岡まで超距離移動する体力がなかったこと
頸髄損傷のため、自力で体温調節ができないため
夏の野外では熱中症で倒れてしまうことはわかっていました。

本当にうれしい誘いでしたが、断るほかありませんでした。

すると、その年の野外フェスの時、桜井和寿さんが
ROGUE(ローグ)の「終わりのない歌」もカバーしてくれました。

桜井和寿 Bank Band 「終わりのない歌」

これを見たいたROGUE(ローグ)のメンバーが、再結成をしようと
動き出しました。

『終わりのない歌』 松井常松 奥野敦士
2012.10.28 高崎音楽祭

奥野敦士の逆転人生がはじまる

NHKで奥野敦士さんの逆転人生に

逆転人生「伝説のロックシンガー 復活の歌」
2019年5月6日(月)22時00分~22時50分の放送

奇跡の復活を果たした不屈のロックシンガー。歌の力を信じ続けた男が叶えた大逆転の物語。ミスチルに影響を与えた伝説のバンド「ROGUE」。ボーカルの壮絶人生に感動!

番組内容
奥野敦士は、圧倒的歌唱力で日本のロックシーンを席巻し、桜井和寿などに影響を与えた伝説のバンド「ROGUE」のボーカリスト。武道館ライブを実現させた翌年に、メンバーの仲違いでバンドは解散。再結成の話が持ち上がるも、不慮の事故に遭い、首から下の感覚を一切失い、歌声を奪われてしまう。しかし、奥野は諦めなかった。どん底から日本のロック史に残る伝説の復活劇を成し遂げる。歌と仲間を取り戻した男の逆転人生!

 

桜井和寿さんが歌っている「終わりのない歌」を
聞いて動いたのはROGUのリーダーの香川誠さん。

もう歌えないだろう、ROGUの復活を諦めていた香川誠さんは
「なんだ歌えるじゃないか」と

かつてのライブハウスのオーナーと二人で病院を訪ねてきました。

しかも前橋最大の巨大ドーム「グリーンドーム前橋」を
もう抑えたという。

ここなら温度管理も心配ないだろうと。
なんと無茶なことをと奥野敦士さんは思ったという。

ここから、体力をつけるため努力を重ねたという。

2013年10月19日、グリーンドーム前橋「GBGB2013」で ROGUE再結成。アンコールを含め7曲演奏。

全国から4000人の観客が集まってくれました。

2013年11月20日、ポニーキャニオンからベストアルバム「easy go easy comes+Live at CBGB,NewYork 1989」発売。
2014年2月6日、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」出演
2014年7月5日、ヤマダグリーンドーム前橋 「GBGB2014」で新曲「中年よ大志を抱け」を含め8曲演奏。 他多数アーティスト参加。
2014年12月3日、ポニーキャニオンよりオリジナル作品としての再メジャーデビューアルバム「REAL AGAIN」を発売。
2015年1月31日、EX THEATER ROPPONGIで、奥野事故後初の東京公演を行う。アンコールを含め11曲を演奏。PERSONZ等出演。
2015年4月25日、ヤマダグリーンドーム前橋 「GBGB2015」で新曲を含む11曲を演奏。 他多数アーティスト参加。
2015年10月3日、前橋市民文化会館 にて、 30th Anniversary” 「IT’S SHOW TIME!」を行う。アンコール3曲を含め14曲を演奏。この日の対バンは横浜銀蝿。

2015年12月12日、 前橋市民文化会館 小ホールで 解散後初となる ROGUE単独公演 「 Middle age’s be ambitiouns!」を開催。ROGUE・奥野敦士・KNiFe の形式で公演を行う。 奥野は事故後初のソロ曲の公演でもあった。

2016年6月25日、ヤマダグリーンドーム前橋 「GBGB2016」で新曲「俺の空」[1]・アンコール2曲を含む計13曲を演奏。アンコールの「終わりのない歌」では、このイベント開催のきっかけともなったMr.Children 桜井和寿が登場し、念願の初共演を果たした。
2016年10月19日、ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール にて、ROGUE単独公演・アルバム「DESOLATION ANGELS」発売記念Liveを行う。昨年同様、奥野敦士+KNiFe+ROGUEの3部構成で行われた[2]。
2017年4月7日、高崎club FLEEZ にて GBGBスピンオフ企画 Kick on ROGUE2017「近くで感じろ!」を開催。久しぶりのLIVE HOUSE単独公演を行う。
2017年6月24日、ヤマダグリーンドーム前橋 「GBGB2017」で再発となったアルバムからの楽曲を含め13曲を演奏。
Chara 、FーBLOOD等出演。

奥野敦士さんは、現在の思いを
「売れようとか思わない、歌い続けることだよね。」

魂で歌っている奥野敦士さんの姿が美しい。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。