Pocket

大野雄次(おおのゆうじ)ヤクルト時代は切り札!野村克也に見放されたというのは本当か?!

大野雄次1990年代にヤクルトの選手で対巨人戦では代打の切り札として活躍した選手。
野村克也監督に見放されたと言われているか爆報フライデーで吐露される。

スポンサーリンク



大野雄次のプロフィール

生年月日 1961年2月2日 56歳
出身地   千葉県富津市
身長    176 cm

野球時代
小学校2年の時に野球を始める
中学時代は捕手
千葉県立君津商業高等学校卒業 高校通算53本塁打
専修大学を中退
社会人   川崎製鉄千葉
プロ入り  1986年 ドラフト4位 横浜大洋ホエールズへ
子供がいたため「子連れルーキー」のあだ名が
大洋では勝負強い打撃で主に代打の切り札として活躍
1991年12月に鴻野淳基との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍1993年11月に自由契約
「野村克也再生工場」に拾われ、ヤクルトスワローズへ移籍
ヤクルト時代は、代打逆転満塁本塁打を1シーズン2度放つ
代打の切り札として活躍
「代打では変化球の軌道がイメージできない」
とストレートだけに的を絞るバッティング

1994年秋 右肩を脱臼
1995年のオリックス・ブルーウェーブとの日本シリーズ第1戦で代打本塁打
1998年に現役を引退
「大洋→巨人→ヤクルト」という関東圏のセ・リーグ3球団を渡り歩いた
引退後は1999年からCS・J SPORTSで野球解説を行ってた
2013年より富山県のクラブチーム・ロキテクノベースボールクラブの監督に就任

スポンサーリンク


現在はJR田町駅前で居酒屋を経営

鰻・牛タンの小料理屋「大乃」を経営

店のホームページによると

牛タン、うなぎ、魚介料理・海鮮料理を庶民的なお店の雰囲気と価格で楽しめる居酒屋風のお店
ランチや会社帰りに、サラリーマン・OLに人気!!
店主は元プロ野球選手 大野雄次
野球ファンも多数訪れ、写真撮影などにも気さくに応じています。
アクセスは
JR山手線・京浜東北線 田町駅西口(三田口)徒歩1分
都営三田線 三田駅より徒歩5分(三田駅から53m)

住所 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル B1F

場所は地図はこれ

野村克也監督と何があったのか

巨人時代に活躍することができず、戦力外通告を受ける。
「野村再生工場」で活躍した象徴的存在だった

野村克也との確執とは
「爆報!THE フライデー」
【因縁・再会・謎の晩年…緊急2時間SP】で

確執とは引退してから、コーチの仕事でも紹介手してもらおうと
手紙をしたためた。

「人生のすべてをかけて書いた手紙」という
それに対して、野村からの返事は来なかった。
それ、わだかまりを持っていた。

野村克也さんとこの番組で再会することになる。

ドッキリで野村さんが来ることは言っていなかった。
野村さんが来た瞬間、奥さんの慌てよう。
「お父さん出て、お父さん出て」と
人間慌てるとこんなになるのねとホントにびっくりの様子だった。

手紙について野村に問いただすと
驚きの言葉が野村克也の口から出た。

野村 「届いてないよ」
大野 「じゃあ、住所間違えてしまったのかな」
野村 「そうだな、届いていないよ」

野村 「腹減った、美味しいもん食わしてくれよ」
とウナギの注文。

「うんめぇ」
「今まで、いろんなうなぎ食べたけど、こんなうまいうなぎはないよ」と絶賛。

大野さんの奥さんからは涙が止まらない。
ウナギやとして成功するまでの苦労が蘇ってきたのだろう。

「コーチなんかやったら、毎年心配しなくてはならない。
ウナギやを成功させて、本当に良かった、」と野村さん

その後、スタジオでテリー伊藤さんが
「本当は届いていたんだよ」
「返事しない方が大野さんのためだと思ったのではないか」

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。