Pocket

大貫貴之の顔写真は?病院で伯母にタオルを持参して被害を加えた大宮厚生病院の面会室で何が?

スポンサーリンク



大貫貴之の顔写真は

大貫貴之の顔写真はまだ公開になっていない。
公開され次第追記する。

事件はどのように起こったか

2017年11月19日午後2時15分ごろ、さいたま市にある
入院中の86歳の伯母に対してしたタオルを使って危害を加えた。
女性は軽いケガを負った。

埼玉県の大宮東署は、栃木県那須塩原市錦町、大貫貴之容疑者29歳を現行犯逮捕した。

準備をした犯行

大貫貴之容疑者はタオルを持参しており、初めからそれを使うつもりで病院に面会にいったようだ。

大宮厚生病院の面会室に入って間もなく騒ぎ声が聞こえたため、病院職員が駆け付けと、男が女性の首に持参してきたフェースタオルを巻き付けていたという。
大宮厚生病院の医師が処置し、同署に通報した

大貫容疑者は容疑を認めてる。
容疑は〇人容疑。

大貫容疑者は「親類関係にある自分の家族が女性の面倒を見ていたのに、理解されなかった」と話し、
大宮東署は二人の間に何らかのトラブルがあったとして容疑を認めている。

伯母は精神科に入院してた

「面会室」での犯行だったとの報道
面会室がある病院はどんな病院なのか気になって調べてみた。

大宮厚生病院は「精神科」の病院のようだ。

大貫貴之はおい、両親のどちらかの姉か鬼の妻ということになる。入院する前は大貫容疑者の家で面倒を見ていたということなのか。
「理解されなかった」ということはどういうことなのか?
取り調べが進めば詳しい事がわかってくるだろう。

スポンサーリンク


大宮厚生病院とは

外来は「精神科」のみで完全予約制。

受診前相談援助も行っている。

ご本人がお越しになれない場合の相談もおこなっています
初診同様、事前にお電話ください。
この場合、保険診療の対象とはなりませんので
相談料として所定の料金をいただきます。

入院は

各病棟では、ゆっくりと安心して治療に専念できる環境つくりを心がけると同時に、急性期対応、ストレスケア、社会復帰促進を3つの軸に、A2, A3, A4, A5, B の5つの病棟があり、機能分化を試みています

精神科の入院生活は、患者様本人もご家族も、不安のない方はいないと思います。 当院では初めて入院する方の不安を理解し、担当スタッフが分かりやすく説明することを心がけています。 患者様の声に耳を傾けることを基本に、立案した看護計画に基づき看護にあたり、患者様の入院から退院までを一貫して担当する受け持ち看護を行っています。
各病棟とも様々な作業療法プログラムがありますが、各病棟の特徴を活かして、統合失調症の心理教育プログラム、リハビリテ-ションプログラム、うつの心理療法プログラムなどがあります。
詳しくは各病棟の案内をご参照ください。

また、身体疾患等の合併症がある患者様については地域の総合病院と連携しており、安心して治療を受けていただくことができます。

デイケアセンターもあった

デイケアセンターは、医師・看護師・精神保健福祉士などの多職種スタッフからなる、多目的の外来治療施設です。

第1に入院治療と患者様の地域での生活をつなぐ重要な役割を担っています。退院後の社会復帰の一段階として使う場合が多いですが、自立した生活や生活技能の向上を目的とする場合もあれば、毎日の居場所として使う場合もあり、規則正しい生活や再発防止に効果があります。

第2にグループ活動を通じてお互いの気持ちに触れ合い、充実した対人関係を学んでいく場です。また様々な講師による専門性の高いプログラムもあります。 デイケア利用の目的はユーザーである患者様によって様々です。毎日通うことも、プログラムに応じて数日参加することも出来ます。患者様の状態や目的に応じたプログラムを提供したいと考えています。

「地域と連携し活動を行っています」
またデイケアでは単身生活者や家族関係に問題があるような利用者に対し、訪問看護も行っています。欠席が続く方や通院が不規則な方を訪問し、どのような状況なのか等、安全の確認も行っています。

デイケアの活動には多くのボランティアの方も参加されています。地域のボランティアの方も参加されています。地域のボランティア育成にも携わり、地域とデイケア利用者をつなぐ架け橋としての活動もつづけています。
誰でも気軽に参加できるデイケアに一度足を運んでみてください。

〒337-0024
埼玉県さいたま市見沼区片柳1番地

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。