Pocket

大谷亮太郎の顔写真は?厚生労働省の27歳の事務官
「彼女に未練があった。ひどいことをしてしまった」
傷害容疑で逮捕!

スポンサーリンク



大谷亮太郎の顔写真は

大谷亮太郎容疑者のの顔画像はこちら
逮捕された時の様子だ

逮捕されたのは

東京都足立区中川の

厚生労働省大臣官房会計課の事務官大谷亮太郎容疑者27歳

傷害容疑で12月30日逮捕された

事件が起こったのは

2017年12月17日午前5時ごろ大谷容疑者の自宅アパートで

ベッドで上からおさえつけ、元交際相手の女性23歳の顔面と胸にケガをさせた

女性は肋骨骨折で全治4週間の重傷だという。

元交際相手の女性は

二人は10月頃に別れていた。

事件当日の12月17日は断り切れずに自宅を訪れていた。

容疑を認めている

逮捕された大谷亮太郎容疑者は

「彼女に未練があった。ひどいことをしてしまった」

と容疑を認めている

別れ話のもつれからかとの報道も

彼女は10月に別れていると言っているが
他では「別れ話のもつれから」との報道もある。

そこが二人の温度差なのだろう。

彼は、まだ別れているつもりはなかったようだ。
それに対して、女性側は10月に別れたと言っている。

彼女が家に来たのは別れてないから、
話し合えば、復縁できると思ったのだろうか。

どのくらいの交際期間だったかは明らかになっていないが
彼女は相手をちゃんと納得させたくて出向いてしまったのかもしれない。

自宅に行ってしまったのがの失敗だったと言えるかもしれない。

エリートにありがちなモラハラか

大谷容疑者は彼女に対して
日ごろから暴言を浴びせていたと彼女は証言している。
別れることを決心したのはそれが原因のようだ。

エリートコースを歩んでいる人は、もちろん努力はしている。
努力すれば、思い通りの事はある程度できるだろう。
その分高ピーになっているところもあるだろう。

それで、彼女に暴言が出ていたのかもしれない。

そして、努力しても思い通りにならないのが
対人間と言えるかもしれない。

交際相手だったり、子供だったり、身近になればなるほど感じるものだ。

叶わないからと言って、人を傷つけていはいけない。
そんなことは頭ではわかっているだろうが

勉強ばかりしていて
人との関りが少ないと我慢ができなくなってしまうもの
エリートにありがちかもしれない。

恋愛に関しては特にわからないことが多い。

スポンサーリンク


彼女は警察に相談に行った

元交際相手の女性は、彼の犯行後胸の痛みを感じ、
事件翌日に病院で肋骨が骨折していることが判明したという。

事件が起こったのは17日の早朝、翌日18日に彼女は病院に行ったことになる。

そして、28日に警視庁綾瀬署に相談に行っている。
そして、30日、大谷容疑者は逮捕となった。

警察に行くまで10日かかっている。
きっと悩んだのだろう。

一度は好きになって交際していた相手だ。
逮捕を望んでいたのか?

ただ、今後のことを考えるとまた、こんな日々が続くと考えると
怖かったのかもしれない。
そのままストーカーになってしまって事件になることも考えられる。

現在は大谷容疑者は
「ひどいことをした」と反省している

今後もそのままの気持ちでいてくれることを望む。

Facebookの特定も出身地は出身校は

ネットによるとFacebookが特定されているらしい。
が出身地や出身校などは

明記されておらず、特定に至っていないようだ。

厚生労働省に入省するのだから、優秀であったことには間違いないだろう。

大谷容疑者の務める厚生労働省大臣官房とは

大臣官房とは、

日本の行政機関のうち、内閣府と各省に必ず置かれる内部部局の一つ

総務課みたいなもののようだ。

しかし、大臣官房(長官官房)の所掌については以下の通り

(所掌とは、法令によって、ある事務が特定の機関の職務に属するものと定められていること)

機密に関すること
大臣(長官)の官印及び省(庁)印の保管に関すること
職員の職階、任免、給与、懲戒、服務その他の人事並びに教養及び訓練に関すること
所掌事務に関する総合調整に関すること
法令案その他の公文書類の審査に関すること
国会との連絡に関すること
公文書類の接受、発送、編集及び保存に関すること
広報に関すること
保有する情報の公開に関すること
機構及び定員に関すること
行政の考査に関すること
経費及び収入の予算、決算及び会計並びに会計の監査に関すること
国有財産及び物品の管理に関すること
職員の衛生、医療その他の福利厚生に関すること
政策の評価に関すること
他の内部部局の所掌に属しないものに関すること

となっている。

大谷容疑者はやっぱりエリートだった。
彼は逮捕されて、仕事はどうなってしまうのか気になるところだ。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。