Pocket

堀田伸輔(ほったしんすけ)の顔写真は?桜井亜衣ちゃんは12年前事故死ではなかった?!コールドケースで解決!

スポンサーリンク



堀田伸輔(ほったしんすけ)の顔写真は

堀田伸輔容疑者の顔写真はまだ公開になっていません。
公開されました追記します。
追記:各テレビ局のニュースで報道されました。

桜井亜衣ちゃんは事故死ではなかった

逮捕されたのは、神奈川県相模原市南区
堀田伸輔容疑者 42歳。
傷害致死容疑で逮捕されました。

桜井亜衣ちゃんは司法解剖の結果、頭蓋骨骨折や硬膜下血腫、
脳浮腫があり、頭に強い衝撃を受けていたことがわかっていた。

当時堀田伸輔容疑者は
「こたつから落ちた」と言ってた。

事件が警視庁は事件と事故の両方から調べるも
捜査は難航していたいいます。

事件が起こったのは

事件が起こったは2006年12月30日頃、当時住んでいた
東京都新宿区新宿のマンション2階の一室で。

当時11ヶ月の桜井亜衣ちゃんの頭を部屋の壁などで
頭の骨を折るほどのケガをさせました。

妻は当時外出中で堀田伸輔容疑者は自ら119番通報し、
桜井亜衣ちゃんは入院、治療を受けていましたが、
約2ヶ月後の3月9日に亡くなりました。

桜井亜衣ちゃんは、当時の妻と別の男性との子供で堀田伸輔容疑者は、継父でした。
事件後、堀田伸輔容疑者とは離婚しています。

スポンサーリンク



コールドケース(長期未解決事件)で解決

事件が起こったのは2006年。12年後の今年20018年に入って
コールドケース(長期未解決事件)を担当する
警視庁捜査1課の特命捜査対策室が再捜査を開始。

捜査1課は、医師など複数の専門家に意見を聞いたところ、
桜井亜衣ちゃんの頭部に転落では説明できない強度の衝撃が加わっていたことが判明したという。

また、長期間強いストレスを受けると縮むことから、〇待の指標にもなる「胸腺(きょうせん)」と呼ばれる臓器の萎縮も確認された。
桜井亜衣ちゃんは日常的な〇待を受けていた可能性があるということがわかった。

堀田伸輔容疑者は容疑を認めている

事件当時は「こたつから落ちた」と供述し、事故であることも
ぬぐい切れなかったといいます。

しかし 今月に入り、警視庁捜査1課の特命捜査対策室が
堀田伸輔容疑者から改めて事情を聴いたところ、
暴行を認めたため、2018年11月7日に傷害致死容疑で逮捕しました。

コールドケース(長期未解決事件)で再捜査からの逮捕、
再捜査は大事なのでしょう。

12年間、事実を語れなかったことも、堀田伸輔容疑者が供述したことなのかもしれません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。