Pocket

国武大晃(くにたけひろあき)最年少のオリンピック選手!結果は?
スノーボードスロープスタイル、ビッグエアーでメダルは?

スポンサーリンク



国武大晃のオリンピックの結果は

国武大晃選手は2種目に出場

スロープスタイル予選結果

2月10日、誕生日に、予選
13時00分 男子スロープスタイル予選2組1回目
13時47分 2回目。

国武は1回目、ジャンプで着地に失敗し39・45点、2回目も2つ目のジャンプで着地の際に尻もちをつき、43・16点だった。
予選6位までが、決勝進出、だったが、
予選敗退が決まった。

次のビッグエアーに期待する

ビッグエアー予選結果

男子ビッグエア日程

予選1組1回目 2月21日 09:30
予選1組2回目 2月21日 10:00
予選2組1回目 2月21日 11:45
予選2組2回目 2月21日 12:17

スタートリストが発表

国武 大晃選手は予選2組目に出場
1回目のスタートリストがこちら
2回目は1回目の終了後

国・地域 ゼッケン 選手名
1 finフィンランド 14 ローペ トンテリ
2 nzlニュージーランド 15 カーロス ガルシアナイト
3 norノルウェー 2 マルクス クレベラン
4 norノルウェー 6 トルガイル ベルグレム
5 finフィンランド 10 カレ ヤルビレヒト
6 canカナダ 3 マーク マクモリス
7 canカナダ 7 セバスティアン トゥータン
8 suiスイス 11 ヨナス ベージガー
9 belベルギー 22 セッベ デバック
10 belベルギー 30 シュテフ ファンデワイヤー
11 jpn日本 19 国武 大晃
12 gbr英国 27 ビリー モーガン
13 usa米国 26 ライアン スタッセル
14 argアルゼンチン 36 マティアス シュミット
15 oarOAR 23 アントン ママエフ
16 canカナダ 18 タイラー ニコルソン
17 oarOAR 32 ウラド ハダリン
18 finフィンランド 35 ペートゥ ピロイネン

結果が出次第、追記する

 

シンデレラボーイが現れた

国武大晃(くにたけひろあき)
オリンピック出場最年少15歳、誕生日2月10日で
16歳でスノーボードスロープスタイルとビッグエアーでオリンピックに出場する

オリンピック出場最年少15歳、2月10日が誕生日だから、
16歳でオリンピックに出場する。

今季からW杯に参戦して
2018年1月13日(土)にアメリカで行われた
ワールドカップでは世界第2位に輝いた。

左足を前にした逆スタンスから入る縦2回転、横3回転半に続き、縦3回転、横4回転の難しいジャンプも決め、2位表彰台に上った。
これで、オリンピック出場を引き寄せた。
オリンピックでメダルを取れるのではと期待は大きい。

国武大晃は3歳からスノーボーダーだった

1.2歳の頃から雪山には家族で遊びに行っていて
国武大晃がはじめてスノーボードを始めたのは3歳の時。

両親もスノーボードをしたことがなかった。
一緒に練習して、競争したりしていたそうだ。

派手に転んでも泣きもせず、「すっごく楽しい」と
スノボの魅力に取りつかれてしまったようだ。

毎週末、スノボに行くのが待ち遠しかった。
ゲレンデに行くと休みもせずにずっと滑っていた。

母が心配して、リフトでおにぎりを食べさせるという始末
それほど、滑るのが楽しくて仕方なかった。

まずはスノーボードクロスに挑戦

父は、恐怖心のない大晃さんをスノーボードクロスに挑戦させた。大勢が一斉にスタートし、順位を競うもの。

わずか数年で大会で準優勝までに成長した。

その後にとりこになったのが、スロープスタイル
若い世代に大人気の種目
ジャンプ台にレールボックスなどの様々な
障害物を配置し滑走するスタイル

これが一番得意!
オリンピックに出場できてしまったのだから得意に決まっている。

スポンサーリンク



国武大晃のプロフィールは

名前     国武大晃(くにたけ ひろあき)
生年月日   2002年(平成14年)2月10日
年齢     現在15歳、10日で16歳
出身地    愛知県阿久比町
身長     163cm
体重     54kg
種目     スノーボード(スロープスタイル/ビッグエア)
所属     STANCER

東浦町立北部中学校卒、高校は通信制高校にに在学しているようだ。

8歳の時にゴーグルメーカーのSMITH
9歳の時にスノーボードメーカーのRIDE SNOWBOARDS

とスポンサー契約を結ぶという将来を期待されている選手。

体幹を鍛えるためにブレイブボードの練習も欠かさないという。

二人三脚の父は

国武選手を支えている父親の大毅さん44歳
小さい頃から父がコーチだった。

実家はブドウ農園だったとも言われているが現在は運送業で働いているという。
クワガタのブリーダーとして業界の有名人な方らしい。

約5年前にパラワンオオヒラタを飼育し、112・3ミリまで育てることに成功。
ギネス記録として認定された。

2016年に塗り替えられたがそのクワガタも、大毅さんが提供した幼虫だった。

大毅さんは
「外国産の大きなクワガタを(大晃に)見せたくて、飼育を始めたら、凝ってしまいまして。突き詰めてみたらギネスがあると知り、挑戦してみました」

「ギネスはすごい。お父さんがクワガタをやっていて、それがスノーボードにもつながった」

と刺激を受けている様子

週末は両親の運転で、岐阜や新潟のスキー場に車で通った
トップ選手の動画を編集してもらい、技術力向上の参考にした

父に追い越したいと思う気持ちが原動力なのか。

国武選手スノボのオリンピックの日程

第2日 (2月10日)

10時00分 男子スロープスタイル 予選1組 1回目
10時47分 男子スロープスタイル 予選1組 2回目
13時00分 男子スロープスタイル 予選2組 1回目
13時47分 男子スロープスタイル 予選2組 2回目

国武選手は予選2組に出場

第3日 (2月11日)

10時00分 男子スロープスタイル 決勝 1回目
10時32分 男子スロープスタイル 決勝 2回目
11時04分 男子スロープスタイル 決勝 3回目
13時30分 女子スロープスタイル 予選 1回目
14時32分 女子スロープスタイル 予選 2回目

第13日 (2月21日)

9時30分   男子ビッグエア 予選1組 1回目
10時00分 男子ビッグエア 予選1組 2回目
11時45分 男子ビッグエア 予選2組 1回目
12時17分 男子ビッグエア 予選2組 2回目

第16日 (2月24日)

10時00分 男子ビッグエア 決勝1回目
10時30分 男子ビッグエア 決勝2回目
11時00分 男子ビッグエア 決勝3回目

活躍を期待して、観戦しましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。