Pocket

古屋琢晶の顔写真は?盗撮で競輪S級選手を逮捕
スマートフォンで20歳の女性のスカートの中を

スポンサーリンク



古屋 琢晶(ふるやたかあき)の顔写真は

事件の詳細

2017年10月25日午後2時頃、山梨県笛吹市内の大型商業施設のテナント内で20代女性店員のスカート内をスマートフォンで動画撮影したという。

別の女性店員が不審に思い、警備員に報告した。

駆け付けた署員の職務質問に容疑を認めた
スマホには店員を盗撮した動画が残っていたという

逮捕容疑は

山梨県警によると、県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕した。
「盗撮したことは間違いない」と容疑を認めている

古屋琢晶は結婚していた

古屋琢晶のブログの発見した。まだアクセスできた。
KEIRIN.JPは今アクセスできなくなっている。
ブログの見ると好きな女性のタイプに「嫁」となっている。
なんて悲しいだろう!

古屋琢晶のプロフィールは

氏名   古屋 琢晶(ふるやたかあき)
生年月日 1986年2月8日
年齢   31歳
血液型  O型
身長   173.0cm
体重   80.0kg
胸囲   100.0cm
太もも  62.0cm

競輪選手としての成績は

平成17年にデビューし、現在はS級2班。

初出場
2005年07月01日 弥 彦 1位, 7位, 4位

「古屋 琢晶」選手の直近4ヶ月のデータ
1着 4回
2着 4回
3着 4回

2017年10月14日 第10回滝澤正光杯
初日 7位

2017年10月02日 エンジョイスピードパークNR
初日 2位
2日目 9位
最終日 8位

2017年09月22日 サンスポ杯・S横浜カップ
初日 1位
2日目 5位
最終日 2位

「古屋 琢晶」選手の出場予定
2017年11月02日(木) 防府 G3 周防国府杯争奪戦
2017年11月18日(土) 京王閣 F1 富士通Fカップ&デイリー杯

となってますが、これは幻となるだろう。

スポンサーリンク


競輪選手の階級

2017年1月現在、競輪選手は約2,200名
プロスポーツ選手の中で最も多い人数

S級S班

S級S班
通称SS選手。
前年のG1優勝者と賞金上位の合計9名で構成されます。
運と実力を兼ね揃えた競輪界最強の9人で、
S級S班選手のみが履くことが出来る赤いレーサーパンツが特長です9名

S級1班

通称S1選手。
SSの座を狙う実力者で、約2,200名の競輪選手の中でもトップクラスの実力を持つ選手です。
SS選手の座に最も近く、次のSS選手を狙う存在です。
約220名

S級2班

通称S2選手。
A級戦で好成績を収め、S級になった最初のクラスです。S級になれず引退してく選手も多くいる中でS級でいることは大変名誉なことです。F1戦と呼ばれるレースの他に重賞(G3)記念競輪にも出場し、成績次第ではG1、G2にも出場します。
約450名

古屋琢晶容疑者はここのランクだ

その下にA級があり緑色のレーサーパンツ
A級1班

通称A1選手。
A級の頂点に位置する階級で、ここで力を発揮することが出来ればS級選手へとランクアップ出来ます。
約550名

A級2班

通称A2選手。
競輪選手の一番最初の目標となる階級で、本格的な闘いはここから始まります
約550名

A級3班

通称A3選手。
成績下位の選手とデビューした新人が最初に配属される階級です。チャレンジ戦と呼ばれる7車立てのレースで闘います。
約450名

以上のように、競輪選手は階級別に分けられており、6ヵ月単位の成績を元に階級の昇降が行われます。

選手の成績は、レースを走る度に加算される競走得点を元に算出され、1月~6月の前期、7月~12月の後期の6ヵ月間で獲得した競走得点を走ったレース数で割った平均競走得点により決定されます。

獲得出来る競走得点は、レースの着順やレベルによって異なりますが、全てのレースの成績が自分の評価に繋がってくるため、競輪選手は自分の平均競走得点を上げる為に1レース1レースに全力を尽さなければなりません。

競輪選手は完全な実力社会の中で階級を上げていき、ゆくゆくはグレードレースと呼ばれる大きな舞台での優勝を目指します。
引用:競輪初心者講座

犯行理由は

このたぐいの犯行に理由などを求めるの愚問なのだろうが

競輪選手として、S級の地位もあり、成績だってかなり良い。
そして、結婚して嫁もいるのに

20代の女性のスカートの中を動画でとるなんて

なぜ?

としかいいようがない。

見つかったら、選手として、夫としてどうなってしまうのか
わからなかったのか。

捕まらないと思ったのか。

イケメンで爽やかのイメージの選手だっただけに
ファンもショックは大きいだろう。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。