Pocket

加藤智大の弟 秋葉原事件の父や母、家族は?
平成ニッポンの瞬間映像ランキング!30でドラマ化へ役者は誰?

スポンサーリンク



平成の2大重犯罪と言われる秋葉原事件

2008年6月8日日曜日12時30分過ぎ、

秋葉原駅前の歩行者天国となっていた東京都千代田区外神田四丁目の神田明神通りと中央通りが交わる交差点で

当時25歳だった加藤智大が運転する2トントラックで赤信号を無視して突入、
横断歩道中の歩行者5人をはねました。。
周りの人はただの交通事故だと思っていたところ

トラックを降りてきた加藤智大が、持っていた凶器で
交通事故の被害者の救護にかけつけた通行人や警察官たち
合計17人を傷つけました。

逮捕された後加藤智大は、弁護士以外との面会を拒否し、
手紙の受け取りを拒否し、マスコミの取材を拒否して自著以外ではコメントを発してこなかった。

頼れる警察官が逮捕

近くから警視庁万世橋警察署秋葉原交番から警察官が駆けつけます。
加藤智大を追跡し距離を詰めるも凶器を持って抵抗。

警察官は防護服を斬り付けられるなど命の危険に晒されるも、
警棒で加藤智大の側頭部を殴りつけるなどして応戦します。

最後には拳銃の銃口を加藤智大に対して向け、
武器を捨てるよう警告し、応じなければ拳銃を発砲することを通告します。

加藤智大はそれに応じ凶器を捨てました。
非番でたまたま居合わせた蔵前警察署の警察官とともに取り押さえ、加藤智大は、現行犯逮捕されました。

被害者の数の多さ

初めにトラックのはねられた5人のうち3人が死亡。

トラックから降りて凶器で傷つけられた12人のうち4人が死亡

負傷は合計で10人となりました。

スポンサーリンク



加害者家族の悲劇、加藤智大の弟、家族、父や母は

加藤智大の母親は、事件後、精神的におかしくなったそうです。
父親も職場にいられなくなり実家へ帰り、ひっそりと暮らしているといいます。

そして弟はというと

週刊現代記者の齋藤剛氏が明かしている加藤被告の実の弟(享年28・仮名)の言葉があります。

「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。
死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら教えてください」

この1週間後、優次さんは自ら命を断ったといいます。
職場を失い、引っ越しもし、彼女とも別れました。

そのことも話しています。

知り合った時には、

「正体を打ち明けるのは勇気のいる作業でしたが、普段飲まない酒の力を借りて、自分のあれこれを話して聞かせました。

一度喋り出したら、後は堰を切ったように言葉が流れてました。
彼女の反応は『あなたはあなただから関係ない』というものでした。」

しかしその後、別れることに
母親が結婚に猛反対したことからだそうです。

「一番こたえたのは
『一家揃って異常なんだよ、あなたの家族は』
と宣告されたことです。これは正直、きつかった。

彼女のおかげで、一瞬でも事件の辛さを忘れることができました。閉ざされた自分の未来が明るく照らされたように思えました。
しかしそれは一瞬であり、自分の孤独、孤立感を薄めるには至らなかった。
結果論ですが、いまとなっては逆効果でした。持ち上げられてから落とされた感じです。もう他人と深く関わるのはやめようと、僕は半ば無意識のうちに決意してしまったのです。

(中略)僕は、社会との接触も極力避ける方針を打ち立てました」

そして、加害者家族を弟は

被害者家族は言うまでもないが、加害者家族もまた苦しんでいます。でも、被害者家族の味わう苦しみに比べれば、加害者家族のそれは、遙かに軽く、取るに足りないものでしょう。(中略)
ただそのうえで、当事者として言っておきたいことが一つだけあります。

そもそも、「苦しみ」とは比較できるものなのでしょうか。被害者家族と加害者家族の苦しさはまったく違う種類のものであり、どっちのほうが苦しい、と比べることはできないと、僕は思うのです。
だからこそ、僕は発信します。加害者家族の心情ももっと発信するべきだと思うからです。

それによって攻撃されるのは覚悟の上です。犯罪者の家族でありながら、自分が攻撃される筋合いはない、というような考えは、絶対に間違っている。(中略)

こういう行動が、将来的に何か有意義な結果につながってくれたら、最低限、僕が生きている意味があったと思うことができる。」
引用:https://www.j-cast.com/tv/2014/04/11201931.html?p=all

弟は兄の加藤智大と面会したいと願い、50通を超える手紙を書いたと言います。
しかし、加藤智大からの返事が来たことはなかったと言います。

自分より、弟が早く逝ってしまったことを聞いて加藤智大被告は何を思ったのでしょうか?
1度でも会っておけばよかった思ったのでしょうか。

そして、弟は、自らの命を28歳で自らの命を経ちました。

加藤智大の屈折した人格形成について母親の影響があったと意見していると教授はいっているが
ではどうすればよかったのか、母親だけではなく、周りも何かできなかったのだと感がてしまう。

加藤智大の秋葉原事件がドラマに役者は誰か

平成ニッポンの瞬間映像ランキング!30

平成ニッポン瞬間映像ランキング30!
報道記者1000人が選ぶ決定的スクープ

2018年12月28日(金)19時00分~22時54分の放送

有働由美子と水卜麻美が初タッグ
▽平成最悪の誘拐サツ人・宮崎勤元死刑囚の半生を完全ドラマ化
とともに
▽秋葉原事件ドラマ化 無差別殺人なぜ起きた

と加藤智大死刑囚を演じる役者は誰なのでしょうか

28日(金)19:00~22:54 日本テレビ「平成ニッポンの瞬間映像ランキング!30 有働由美子&水卜麻美が初タッグ!」に関根勤が出演します。https://t.co/g65F3fQQGU

— 浅井企画お知らせ (@asaikikaku_info) 2018年12月28日

加藤智大の経歴は

氏名   加藤智大(かとうともひろ)
生年月日 1982年9月28日
出身地  青森県五所川原市
学歴   青森県立青森高等学校卒業

小さい頃から厳しい母で、外に出されたり、
宿題を何度もやり直させたりされたと言います。

2001年 青森県立青森高等学校卒業後北海道大学の進学を断念。
県内でも優秀な高校だったが、高校にはいると成績は急降下

2001年4月 中日本自動車短期大学自動車工学科入学
2003年3月 中日本自動車短期大学自動車工学科卒業
しかし、自動車整備士の資格は取得できなかった。

2003年4月 母から資金提供で仙台に一人暮らしを始める
2003年7月 仙台市の警備会社に就職 準社員
警備員として勤務 (月給25万円)
2004年1月 内勤に異動へ 月給は固定給で17万円に
2004年4月 母からの資金提供で運転免許をとる。
30万円の車を購入、自動車の改装のため消費者金融から借金

2005年2年 人間関係で無断欠勤 退職

2005年4月 埼玉県上尾市の自動車メーカーの工場で派遣へ
月給は多い時で27万円 独身寮で生活
このころからネットの掲示板にのめり込む。

70万円を借金て、自動車を買った。

2006年4月 人間関係で無断欠勤し派遣会社を退職
2006年5月 茨城県つくば市の住宅部品メーカーの工場に派遣
2006年8月 人間関係で無断欠勤し、派遣会社を退職

友人にに自サツするとメールし、母親には電話をした。
母親は子供時代の教育姿勢を加藤智大に謝罪したという。

2006年9月 母親は仕事が決まるまで自宅で休養を勧め
父親も自宅にいていいという。
2009年秋 母親が資金提供し、大型自動車運転免許を取得

2007年1月 青森の運送会社に大型輸送車の運転士として就職
2007年3月 正社員になった。

単身赴任から父が帰ってきて突然両親が離婚した。

2007年7月 青森市内に一人暮らし
2007年9月 休暇が取れず不満で無断欠勤し退職

ネットで知り合った女性に交際を申し込むも振られた。

2007年11月 関東自動車工業の静岡県裾野市の工場に派遣
月給は多い時で20万円 少ない時で14万円だった。

6月での派遣切りを打ち切りを言い渡される。

2008年6月 無断欠勤し職場放棄(更衣室で自分の作業服がない)

そして、6月8日の秋葉原事件へ事件に至る。

現在、36歳になった加藤智大は死刑囚として収監されています。
今月にも死刑執行が行われました。

自分にも近づきつつあるかもしれない死刑執行を感じているのでしょうか。

事件の事、被害者のこと、弟のこと、母の事、父の事
現在拘置所の中でどう思っているのでしょうか

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。