Pocket

前原誠司民進党代表と北朝鮮美女のスキャンダル。民進党の不倫報道が止まらない!

2017年9月21日号で衝撃の文春砲、炸裂
前原誠司さんと北朝鮮美女との親密入手したという。

スポンサーリンク



前原誠司さんと北朝鮮美女のどんな写真か

文春オンラインによると
小誌は1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された複数枚のスナップ写真を入手。そこには大自然をバックに、親密に身体を寄せ合い、カメラに向かって微笑む当時37歳の前原氏と、北朝鮮美女の姿が写っている。中には、前原氏が女性の頬に後ろから手をまわして顔を引き寄せたり、身体を密着させて後ろから女性に下半身を押し付け、ジャレ合っているシーンもある。
小誌取材班が取材を進めたところ、これらの写真は、当時2回生議員だった前原氏が地元・京都の支援者とともに、訪朝した際に撮影されたものであることがわかった。この支援者は次のように語った。
「(写真は)妙香山の河原でバーベキューをした時。(相手の女性は)炭をおこしたり、セッティングしてくれる接待係。(中略)あの時もベロベロになるくらいビールや焼酎を飲んだ」

 

民進党は生き残れるか?新しい文春砲が前原誠司に襲いかかる

山尾志桜里議員のスキャンダルは序章だったのかもしれない。
さらなる民進党のスキャンダルが週刊文春によって暴露される

前原誠司は新党首になったばかり

プロフィールは

前原誠司(まえはらせいじ)

生年月日 1962年4月30日
選挙区  京都府2区
所属院  衆議院
学歴   京都大学

大学卒業後
1987年(昭和62年)  松下政経塾へ第8期生として入塾
1991年(平成3年)4月 松下政経塾を卒塾
史上最年少の28歳で初当選

スポンサーリンク


過去のスキャンダルは

2011年3月6日 外務大臣を辞任

「黒い献金スキャンダル」

2011年3月6日に、スキャンダルにより外務大臣を辞任している。

その理由は表向きには在日韓国人からの政治献金によるものとなっているが実際のところの
引き金になったのは週刊文春の3月10日号での

「過去に脱税で摘発されたことがある問題企業とその方たちからも献金を受けていたという”黒い献金スキャンダル」

この大問題がおおごとになる前に、比較的小さいな問題で身を引き、潔さをアピールしたのでは?

2010年5月「週刊新潮」が大相撲の野球賭博をスクープして時点で、前原元外相とその方たちの”黒い交際”情報を入手した。
情報元は夜の銀座

お相撲さんとその方たちがよく飲んでいる姿を見かけているとクラブ関係者に問うと
「政治家だって」と情報を得たというのだ。
そして、その政治家というのが前原誠司氏だったという。

その幹部は2004年に約2億円の脱税で逮捕されたS氏

2006年3月31日民主党の代表を辞任

偽メール事件の責任を取り、辞任した
辞任したその当日、そのS氏と銀座で豪遊していた。

実際には、どのような関係だったのか、なぜ銀座で一緒に豪遊していたのか、なぜ政治献金を受けていたのかなど
疑問はたくさんある。

2011年3月6日に外相を辞任した。
それを追及することはできなかった。
2011年3月11日に東日本大震災が起こってしまった
記者たちにとって、その時の取材した情報は今でもある。

 

そしてまた新しい文春砲が前原誠司に襲いかかる

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。