Pocket

倉持麟太郎に婚約不履行の報道が

山尾志桜里議員の不倫相手とされる倉持麟太郎弁護士
9月7日の週刊文春での報道で二人の状況は大きく変わった。

スポンサーリンク



山尾志桜里議員は民進党を離党

新幹事長の内定していたのに文春砲にあい
幹事長の椅子どころか民進党の離党という決断になり、
議員の席も危ぶまれている。

離婚調停中だったことも判明

山尾志桜里さんは離婚調停中だったことも
暴露され、その弁護士は倉持麟太郎さんだったのではないかとの
憶測も飛び出した。

バイキングの情報では、離婚調停の方が二人が付き合うよりも
後だから、相談には乗ってもらっているだろうが
担当弁護士になることはないだろうと言っていた。

スポンサーリンク


さらなる文春砲は倉持麟太郎の過去の女性問題だった

議員の不倫問題だけでなく次の2017年9月21日号の文春砲は
倉持麟太郎さんの過去の女性問題を報じている。

倉持麟太郎さんには現在奥さんがいるが
その前には婚約をしていた女性がいたというのだ。

その女性は、まだ弁護士として収入もない時からの付き合いで
普段から経済的にも支え弁護士事務所を作った時にも金銭的、精神的にも支えてくれて

両親戚にも紹介済みで同棲もしていたという。

事務所を開き仕事が順調になり始めると航空会社勤務の客室乗務員と付き合い、彼女は妊娠していたという。

これを文春は「婚約不履行事件」だと報じている。

さらに
「若い頃から彼の女癖の悪さは有名でした」
と学生時代から知る人物が語っていると文春には書かれている。

倉持麟太郎弁護士の専門は

「離婚、男女問題」となっている。

自身の経験からなのかとも思えてしまう。
そして、今回の報道は、彼の仕事にどう影響するのだろうか。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。