Pocket

佐藤仁美の年齢は?広末涼子と同期対決?!おばさんなのか、若いのかよくわからない?!

佐藤仁美さんは名脇役の女優として沢山のドラマや映画に出演している。ひよっこでは、「高子」さん役として
知名度がさらにアップしている。

スポンサーリンク



ひよっこの役柄は

高子さんはみねこが勤める「すずふり亭」のウエートレスで
新しいウエートレスの品定めを任されていて
高子さんがOKを出さないと雇ってもらえない。

今まで何人も不合格にしていてみねこに合格が出るか心配されたが見事お眼鏡にかなって働けることになったのだ。

そして、高子はみねこの幼馴染の光男の兄に見初められ奥茨城に嫁に行くことになる。
お姑さん役は柴田理恵さん、この嫁姑も面白い関係になった。

高子さんの年齢は30前後というところだったでしょうか。

佐藤仁美さんの実年齢は

生年月日は1979年10月10日 37歳。

おばさん役もできなくないが
じょゆうさんならまだまだ若くいられる年齢だ

佐藤仁美さんのプロフィールは

本名   佐藤 仁美(さとうひとみ)
生年月日 1979年10月10日(37歳)
出生地   愛知県春日井市[1]
国籍    日本
身長    56 cm
血液型   A型
所属事務所 ホリプロ

生い立ち

4人姉妹の末っ子
小学生のとき両親が離婚し、父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育った
父親は愛知県内で新聞販売店の経営をしており転勤が多く、小学校だけで4校に通った
中学校の時は演劇部長だった

芸能活動

中学生の時、NHK名古屋放送局制作『中学生日記』に生徒役(役名本名同一)で出演

1995年 愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞
ホリプロに所属し堀越高校へ転入
1995年『海がきこえる』でテレビドラマ初出演
1996年 ドラマ『イグアナの娘』で主人公の青島リカの親友・三上伸子役を演じ注目を集める

1997年 原田眞人監督の映画『バウンス ko GALS』で主演、
1997年 ブルーリボン賞の新人賞、キネマ旬報新人女優賞、
1998年 ヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を獲得
2000年 バラエティ番組初出演 レギュラー
『ジャングルTV ~タモリの法則~』
2004年11月から12月にNHKで放映されたNHK夜の連続ドラマ
『アイ’ム ホーム 遙かなる家路』では主人公の元愛人を演じで「不倫OLの鑑」と絶賛された。
その理由は「若過ぎない年齢、細過ぎない肉体、男に甘え過ぎない距離のとり方などが絶妙」

お酒が大好きでトーク番組では豪快な飲みっぷりを披露
飲酒時の失態と結婚できないと愚痴るトークが面白いと人気

スポンサーリンク


今夜くらべてみました【同い年37歳トリオ!広末涼子vs佐藤仁美vs又吉直樹】に出演

3人とも同じ年の37歳

広末涼子さんと佐藤仁美さんは「ビーチボーイズ」で共演していた。
広末さんは2度結婚していて、3人のお子さんのお母さん
に対して
佐藤仁美さんは独身で新宿2丁目で飲み、おねぇの人たちと
仲良く、毒舌も鍛えられ、さらに磨きがかかって
トーク番組にも引っ張りだこだ。

佐藤仁美さんの毒舌に広末涼子さんがどう関わるのかが
楽しみだ

体重も話題

佐藤仁美さんははスカウトキャラバンでグランプリを獲った美少女だった。
その体型がどんどん膨らんでいると話題になっている。
どこまで増やすのか、その体重!

飲むのが好きで、食べるのも好きだから
ダイエットは考えていないと少し前にテレビで言っていたのを
思い出したが、ひよっこではさらにふくよかになっていたような気がする。

一大決心をするときは来るのだろうか

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。