Pocket

佐藤あつ子は「田中角栄を総理にした女」愛人の佐藤昭の娘?
実は父親?!禁断のラブレターを公開!

スポンサーリンク



佐藤あつこの母は佐藤昭 父親は田中角栄

佐藤あつこさんの母親は佐藤昭さんで田中角栄の愛人で金庫番
「田中角栄を総理にした女」と言われている。

法律上は佐藤あつこさんの父親は佐藤昭さんの2番目の夫の子供とされている。
しかし、実の父親は「田中角栄」だというのは周知の知ることだといいます。

田中角栄には愛人が二人 子供は

田中角栄には年上の正妻にはながいて、1男1女
長男の田中正法と長女の田中真紀子がいる。
長男の田中正法は夭折だった。
はなは再婚で連れ子が一人いた。(池田勇人元総理の甥と結婚)

愛人は、東京神楽坂の芸者辻和子
子供は、2男1女。
3人とも認知されていて田中姓を名乗っている。
正妻宅にも出入りを許されていたという。

田中まさ(夭折)
田中京(音楽プロデューサー、バー経営者)
田中祐

二人の息子は政界の表舞台には立たず、政治地盤の継承も行わなかった。

そしてもう一人の愛人が第一秘書でもあった佐藤昭(当時は佐藤昭子)

子供の佐藤あつ子は田中角栄の子供とされているが
認知はされていない。
戸籍上は2番目の夫の子供となっている。

佐藤昭のプロフィール

田中角栄の愛人で第一秘書で金庫番。
「越山会の女王」と称された人物
後に「政経調査会」を主宰

氏名   佐藤昭(さとうあき)
改名   佐藤昭子(さとうあきこ)1979年
生年月日 1928年(昭和3年)8月5日
死没月日 2010年(平成22年)3月11日 81歳
出身地  新潟県刈羽郡枇杷島村(現・柏崎市)
学歴   新潟県立柏崎高等女学校卒業
東京女子専門学校中退

小学校3年からそろばんを習い 1級取得。
数学・習字・体育が得意。
6人兄弟の末っ子。
大家族だったが、家族はみな短命で
早くに一人になってしまっている。

スタイルが抜群だった。
身長   157㎝
バスト  97㎝
ウエスト 58㎝
ヒップ  95㎝

大人になってからは、ダンスの名手、ゴルフも得意
麻雀も大好きだった。
酒は飲めず、たばこはハイライト、マイルドセブン
小林旭の大ファン。

1946年(昭和21年)衆院選時に選挙活動をしていた田中角栄と出会う。

1946年(昭和21年)9月 最初の夫の加藤家司と結婚
1男を儲ける
1952年(昭和27年)離婚
1954年(昭和29年)8月 二番目の夫中澤雄大と結婚
1957年(昭和32年)8月9日 佐藤敦子誕生
(実父は田中角栄と見られる)
1962年(昭和37年)離婚

スポンサーリンク



佐藤昭と田中角栄の出会い

1946年(昭和21年)2月23日 佐藤昭の母の命日の日に
衆院選挙に初出馬した角栄が柏崎の昭の生家を訪ねにきて初めて出会った。

その後すぐに18歳で地元で知り合った最初の夫、加藤家司と結婚、上京する。結婚は4年で破綻。
新橋のキャバレーで働き始めるも
1946年(昭和21年)2月23日、田中角栄に
「俺の秘書にならないか」と誘われて
1952年(昭和27年)12月1日 田中事務所に初出勤

出会ったのも、再会したのも2月23日だったことから
毎年2月23日には、田中角栄は、二人だけの食事に誘ってくれた

この頃、キャバレーの客だった東京電力社員の男性、中澤雄大と二度目の結婚をする。

佐藤あつ子がテレビ初登場 佐藤昭が「1番だけが知っている」に

佐藤あつ子さんがテレビ初登場

2019年3月4日(月)22時00分~23時07分の放送

1番だけが知っている田中角栄を総理にしたのは愛人だった!禁断のラブレターを公開

番組内容は

田中角栄を作り上げた愛人・佐藤昭…角栄の金庫番と呼ばれ、100億円の金を動かした女の正体とは!?
さらに佐藤昭の娘がTV初出演!角栄直筆・禁断のラブレターを公開!

番組内容
▽田中角栄を内閣総理大臣にした女・佐藤昭
▽愛人でありながら第一秘書…角栄の金庫番を務め、100億円を動かした女…▽角栄を陰で支え続けた彼女の人生とは?
▽ロッキード事件の裏側で佐藤昭がとった驚きの行動!
▽さらに!佐藤昭の娘がテレビ初出演!
▽亡き母の金庫に眠っていた、角栄からの禁断のラブレターをテレビ初公開!
▽元週刊文春記者でドキュメンタリー作家・大下英治が語る

佐藤あつ子の著書

『私の田中角栄日記』
(1994年12月、新潮社 ISBN 4104021016)

『決定版 私の田中角栄日記』(新潮文庫)
(2001年3月、新潮社 ISBN 410148631X)

『田中角栄 私が最後に、伝えたいこと』
(2005年12月、経済界 ISBN 4766783514)

関連文献

佐藤あつ子「私の父・田中角栄」
(『G2』vol.5所収、2010年9月、講談社)
昭子の死去を受けて娘の敦子が公表した手記。
昭子から角栄を父(「オヤジ」と表現)と聞かされて育ったが認知はされぬままだったことを明記している。

佐藤あつ子「昭 田中角栄と生きた女」
(2012年3月、講談社)

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。