Pocket

今井達也選手、未成年喫煙で処分ユニホーム4月まで着れず
16年夏の甲子園の優勝投手

スポンサーリンク



2018年2月6日に西部が発表した

今井達也選手、西武の2016年ドラフト1位
2016年には作新学院のエースとして夏の甲子園で優勝の実績。

現在19歳の今井選手が喫煙していると
1月末に外部から情報が寄せられた。

2月5日に本人に確認したところ、事実を認めたため
球団は処分をすることに

処分の内容は

処分について

厳重注意処分とし、
2月7日から4月いっぱいはユニホームを着用せず、
対外試合出場停止とした

球団を通してコメント

今井選手は球団を通してコメントを発表している

「深く反省しております。自分自身の甘さが今回の事態を招いてしまたと考えています。今後、二度とこのようなことを起こさないよう、自分に厳しくありたいと思います。このたびは大変申し訳ありませんでした」

スポンサーリンク



今井達也のプロフィール

出身地   栃木県鹿沼市
生年月日  1998年5月9日
年齢    19歳
身長    180 cm
体重    70 kg
選手情報  投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り  2016年 ドラフト1位
年俸    1,300万円(2018年)

鹿沼市立西中学校時代
鹿沼レッドソックスに所属し全国大会に出場

作新学院高等学校時代
3年夏の甲子園で優勝投手

U-18アジア野球選手権大会
5度目の優勝に貢献

2016年度ドラフト会議にて埼玉西武ライオンズから単独1位指名
契約金1億円プラス出来高払い5000万円・年俸1300万円(金額は推定)で契約

高校2年時

2年次は栃木大会までは背番号「11」でベンチ入りしたが、國學院栃木との決勝戦でリリーフ登板した際、國學院栃木の安生慶之介に対して頭部死球を与え降板

チームは夏の甲子園大会出場を果たしたものの今井はベンチ漏れで甲子園の舞台に立てなかった

高校3年時

夏の甲子園では
初戦の尽誠学園高等学校戦で、自己最速の151km/hを記録
その後の花咲徳栄高等学校戦で自己最速を更新する152km/hを計測した。

同年オフにFAで楽天に移籍した岸孝之の背番号「11」を背負うことに
期待の大きさを感じる

2017年にプロに入って1年が終わり、次のシーズンが始まる時
高校生で1年目から活躍することは中々難しい。

今まではスター選手だったのが思うように活躍できず、ジレンマがあったのか。
5月で20歳だった。

若気に至りで、立ち直って欲しい。

ダルビッシュ有さんにもそういう報道があって
処分を受けていた。

あれから、二度とタバコは吸っていないと公言している。
今後のどうするかは本人次第と言える。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。