Pocket

中村貴司が10代の妻にケガをさせて逮捕!経済評論家三橋貴明とは?

スポンサーリンク



事件が起こったのは

2018年1月5日午後5時ごろ、

妻と自宅マンションで口論になり、妻に足をかけて転ばした上、両腕にかみついたり、顔を平手でたたいたりし、腕に軽傷を負わせた
逮捕容疑は

警視庁高輪署が傷害の疑いで

東京都港区港南の経済評論家の三橋貴明容疑者(48)(本名・中村貴司)を逮捕していた。

追記 2018年2月6日

警視庁に逮捕、送検されていたが、
東京地検は男性を6日付で不起訴処分とした。

東京地検は不起訴の理由を明らかにしてないが、
起訴猶予にしたとみられる。

警察に警告されていた

事件が発覚したのは

1月5日夜妻から「夫から〇力を振るわれた」と110番通報
同署が妻から被害届を受理するとともに、事情を聴いていた。

平成29年にも2、度9月と11月にも夫婦間のトラブルで110番通報されていたという。

その時、妻は、被害届を出さなかった
しかし、その際警察に警告されていた

夫婦喧嘩の度に警察の通報していた妻
警察も3度目もあると、被害届の提出を促したのか?

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」とはいかなかったのか

容疑を否認している

警視庁高輪署の調べに対して中村貴司容疑者は
「何もしていない。何も話さない。弁護士を呼んでほしい」

と話しているという。

スポンサーリンク


中村貴司(三橋貴明)のプロフィール

指名    中村 貴司(なかむら たかし)
生年月日  1969年11月22日
年齢    48歳
職業    作家、経済評論家、中小企業診断士
学歴    千葉県立船橋東高等学校卒業
東京都立大学経済学部(現在の首都大学東京の前身のひとつ)卒業
活動期間  2007年 –
主題    経済、韓国、中国
デビュー作 『本当はヤバイ!韓国経済』

株式会社経世論研究所(旧・三橋貴明事務所)代表取締役社長、
国家ビジョン研究会経済財政金融分科会副会長

大学卒業後、外資系IT企業ノーテル、日本電気、日本IBMなどに勤務
2008年(平成20年)11月、三橋貴明診断士事務所を開設して、フリーランスの活動を開始

インターネット掲示板の2ちゃんねるでの発言(ハンドルネームは「三つ子の赤字神」)
このことがきっかけで評論家としてデビュー。

2010年(平成22年)7月の第22回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例代表(非拘束名簿式)に立候補し、落選。

人権擁護法や外国人参政権に反対の立場

「選択的夫婦別姓制度」に対し「反対」と回答( 毎日新聞2010年参院選候補者アンケート)

とくかく本の出版が多い

単著
『本当はヤバイ!韓国経済 迫り来る通貨危機再来の恐怖』 彩図社、2007年7月。ISBN 978-4-88392-600-8。
『トンデモ!韓国経済入門 歪んだ資本主義はどこへ向かうのか!?』 PHP研究所〈PHP paperbacks〉、2008年1月。ISBN 978-4-569-69659-1。
『本当にヤバイ!中国経済 バブル崩壊の先に潜む双頭の蛇』 彩図社、2008年5月。ISBN 978-4-88392-641-1。

『ドル崩壊! 今、世界に何が起こっているのか?』 渡邉哲也 監修、彩図社、2008年9月。ISBN 978-4-88392-658-9。

『崩壊する世界 繁栄する日本 「国家モデル論」から解き明かす』 扶桑社、2009年3月。ISBN 978-4-594-05901-9。

『本当はヤバくない日本経済 破綻を望む面妖な人々』 幻冬舎、2009年4月。ISBN 978-4-344-01666-8。

『新世紀のビッグブラザーへ』 PHP研究所、2009年7月。ISBN 978-4-569-77141-0。

『ジパング再来 大恐慌に一人勝ちする日本』 講談社、2009年8月。ISBN 978-4-06-215615-8。

『マスゴミ崩壊 さらばレガシーメディア』 扶桑社、2009年9月。ISBN 978-4-594-06043-5。

『中国経済・隠された危機 「世界経済の救世主」のウソを暴く』 PHP研究所〈Voice select〉、2009年9月。ISBN 978-4-569-70964-2。
『高校生でもわかる日本経済のすごさ!』 廣宮孝信 監修、彩図社、2009年9月。ISBN 978-4-88392-706-7。

『経済ニュースの裏を読め! 先行き不透明な時代に、押さえておきたい56の知識』 TAC出版事業部、2009年12月。ISBN 978-4-8132-3542-2。 – 索引あり。

『日本経済を凋落させた七人 「失われた20年」を検証する!』 飛鳥新社〈家族で読めるfamily book series 020.たちまちわかる最新時事解説〉、2009年12月。ISBN 978-4-87031-977-6。

『民主党政権で日本経済が危ない!本当の理由』 アスコム、2009年12月。ISBN 978-4-7762-0573-9。

『超売れっ子2ちゃん出身作家が明かす ネットでビジネスに成功する方法』 彩図社、2010年1月。ISBN 978-4-88392-717-3。

『ドル凋落 アメリカは破産するのか』 宝島社〈宝島社新書 309〉、2010年3月。ISBN 978-4-7966-7595-6。 – 並列シリーズ名:Takarajimasha shinsho。

『日本を変える5つの約束』 彩図社、2010年5月。ISBN 978-4-88392-737-1。
『日本の未来、ほんとは明るい!』 ワック〈Wac bunko B-126〉、2010年6月。ISBN 978-4-89831-626-9。

『日本のグランドデザイン 世界一の潜在経済力を富に変える4つのステップ』 講談社、2010年6月。ISBN 978-4-06-216316-3。

『いつまでも経済がわからない日本人 「借金大国」というウソに騙されるな』 徳間書店、2010年6月。ISBN 978-4-19-862971-7。

『経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門 目からウロコの経済の読み方』 アスコム〈アスコムBOOKS 003〉、2010年7月。ISBN 978-4-7762-0618-7。

『4万2246票 参院選に自民党から立候補――無謀な戦いの全記録』 扶桑社、2010年11月。ISBN 978-4-594-06302-3。
『今、世界経済で何が起こっているのか?』 彩図社、2010年12月。ISBN 978-4-88392-775-3。

『経済ニュースが10倍よくわかる 日本経済のカラクリ 円高がわかれば日本経済がわかる』 アスコム〈アスコムBOOKS 010〉、2010年12月。ISBN 978-4-7762-0644-6。

『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』 ワック〈Wac bunko B-137〉、2010年12月。ISBN 978-4-89831-637-5。

『デフレ時代の富国論 世界同時バランスシート不況と日本の時代の到来』 ビジネス社、2011年2月。ISBN 978-4-8284-1629-8。

『サムスン栄えて不幸になる韓国経済』 青春出版社、2011年3月。ISBN 978-4-413-03791-4。

『歴代総理の経済政策力 グランドビジョンを知れば経済がわかる』 イースト・プレス〈知的発見!BOOKS 004〉、2011年4月。ISBN 978-4-7816-0589-0。

『日本の大復活はここから始まる! 目からウロコの経済成長論』 小学館、2011年4月。ISBN 978-4-09-388177-7。

『経済ニュースの裏を読め!』世界経済編、TAC出版事業部、2011年4月。ISBN 978-4-8132-4153-9。 – 索引あり。

『日本経済、復興と成長の戦略』 朝日新聞出版、2011年5月。ISBN 978-4-02-330933-3。

『何があっても日本経済は破綻しない!本当の理由』 アスコム、2011年6月。ISBN 978-4-7762-0672-9。

『「震災大不況」にダマされるな! 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰す』 徳間書店、2011年6月。ISBN 978-4-19-863197-0。

『世界でいちばん!日本経済の実力』 海竜社、2011年8月。ISBN 978-4-7593-1194-5。

『黄金の復興計画 成長を阻む道路不要論から脱却せよ』 角川書店(出版) 角川グループパブリッシング(発売)、2011年8月。ISBN 978-4-04-885104-6。

『経済と国家がわかる 国民の教養』 扶桑社、2011年9月。ISBN 978-4-594-06469-3。

『大マスコミ 疑惑の報道』 飛鳥新社、2011年9月。ISBN 978-4-86410-110-3。

『2012年大恐慌に沈む世界甦る日本』 徳間書店、2011年10月。ISBN 978-4-19-863277-9。

『増税のウソ』 青春出版社〈青春新書 PI-338.インテリジェンス〉、2011年11月。ISBN 978-4-413-04338-0。 – 下位シリーズの並列シリーズ名:INTELLIGENCE。

『[図解] 三橋貴明の「日本経済」の真実がよくわかる本』 PHP研究所、2011年12月。ISBN 978-4-569-80058-5。

『ユーロ崩壊! 欧州危機と日本そして世界』 彩図社、2012年3月。ISBN 978-4-88392-843-9。

『メディアの大罪 テレビ、新聞はなぜ「TPP戦争」を伝えないのか』 PHP研究所、2012年3月。ISBN 978-4-569-80112-4。

『日本人がだまされ続けている税金のカラクリ』 海竜社、2012年3月。ISBN 978-4-7593-1234-8。

『悲観論に踊らされるな!ニッポン経済集中講義』 技術評論社、2012年5月。ISBN 978-4-7741-5052-9。

『日本は「国債破綻」しない! ソブリンリスクとデフレ経済の行方』 実業之日本社、2012年5月。ISBN 978-4-408-10939-8。

『〈図解〉それでも、日本経済が世界最強という真実』 ワック、2012年5月。ISBN 978-4-89831-185-1。

『ジャパン・コンセンサス =JAPAN CONSENSUS 国民を豊かにする「最強」の経済政策』 あ・うん、2012年5月。ISBN 978-4-904891-11-7。

『真説日本経済』 ベストセラーズ、2012年6月。ISBN 978-4-584-13420-7。

『グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本』 徳間書店、2012年6月。ISBN 978-4-19-863406-3。
『ぼくらの日本』 扶桑社、2012年8月。ISBN 978-4-594-06652-9。

『日本経済を殺した真犯人はだれだ!?』 マガジンハウス、2012年9月。ISBN 978-4-8387-2483-3。 – 文献あり。

『喝!20年デフレ!! =Kah-ts!20Years Deflation!』 あ・うん、2012年10月。ISBN 978-4-904891-14-8。 – 文献あり。

『2013年大転換する世界 逆襲する日本』 徳間書店、2012年11月。ISBN 978-4-19-863507-7。

『脱グローバル化が日本経済を大復活させる』 青春出版社、2012年12月。ISBN 978-4-413-03868-3。

『いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由(わけ)』 ワック〈WAC BOOK〉、2013年1月。ISBN 978-4-89831-198-1。

『経済の自虐主義を排す 日本の成長を妨げたい人たち』 小学館〈小学館101新書 156〉、2013年2月。ISBN 978-4-09-825156-8。

『防災立国 命を守る国づくり』 潮出版社、2013年3月。ISBN 978-4-267-01929-6。

『日本経済は、中国がなくてもまったく心配ない』 ワック〈WAC BOOK〉、2013年3月。ISBN 978-4-89831-402-9。
『アベノミクスで超大国日本が復活する!』 徳間書店、2013年3月。ISBN 978-4-19-863577-0。

『目覚めよ!日本経済と国防の教科書』 中経出版、2013年4月。ISBN 978-4-8061-4698-8。

『日本大復活の真相』 あさ出版、2013年6月。ISBN 978-4-86063-614-2。

『だから、日本経済が世界最強というこれだけの理由(わけ)』 ワック〈WAC BOOK〉、2013年6月。ISBN 978-4-89831-407-4。
『ニュースに騙されない!日本経済の真実 正しい経済政策で日本は大復活する』 日本文芸社、2013年8月。ISBN 978-4-537-26042-7。

『ミャンマー驚きの素顔 現地取材アジア最後のフロンティア』 実業之日本社、2013年9月。ISBN 978-4-408-11020-2。

『「TPP参加」を即刻やめて「エネルギー安全保障」を強化せよ! 安倍総理「瑞穂の国の資本主義」への直言』 マガジンハウス、2013年9月。ISBN 978-4-8387-2605-9。

『国富新論 〈奪い合う経済〉からの脱却』 扶桑社、2013年9月。ISBN 978-4-594-06905-6。

『2014年世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機』 徳間書店、2013年11月。ISBN 978-4-19-863703-3。

『図解逆説の経済学 メディア・評論家に歪められた真実』 遊タイム出版、2013年12月。ISBN 978-4-86010-339-2。

『学校では絶対に教えてくれない僕たちの国家』 TAC出版事業部、2014年1月。ISBN 978-4-8132-5585-7。

『愚韓新論 断末魔の経済と狂乱反日の結末』 飛鳥新社、2014年2月。ISBN 978-4-86410-310-7。

『三橋貴明の日本を豊かにする経済学』 ワック、2014年4月。ISBN 978-4-89831-422-7。

『G0.5の世界 グローバル経済から国民経済への大転換』 日本文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-537-26082-3。

『移民亡国論 日本人のための日本国が消える!』 徳間書店、2014年6月。ISBN 978-4-19-863815-3。 – 文献あり。

『あなたの所得を倍増させる経済学』 講談社、2014年7月。ISBN 978-4-06-218872-2。

『マスコミが絶対に伝えない「原発ゼロ」の真実』 TAC出版事業部、2014年7月。ISBN 978-4-8132-5773-8。 – 文献あり。

『原発再稼働で日本は大復活する!』 KADOKAWA、2014年10月。ISBN 978-4-04-600946-3。

『2015年暴走する世界経済と日本の命運』 徳間書店、2014年11月。ISBN 978-4-19-863879-5。

『黄金の拘束衣を着た首相 なぜ安倍政権は緊縮財政・構造改革を推進するのか マクロ経済政策入門』 飛鳥新社、2015年2月。ISBN 978-4-86410-391-6。

『中国との貿易をやめても、まったく日本は困らない! 中国経済の真実』 ワック〈WAC BUNKO B-213〉、2015年2月。ISBN 978-4-89831-713-6。

。『繁栄の絶対法則 「安全保障」を強化してこそ日本経済は大成長する』 PHP研究所、2015年3月。ISBN 978-4-569-82398-0。

『超技術革命で世界最強となる日本』 徳間書店、2015年5月。ISBN 978-4-19-863944-0。 – 文献あり。

『亡国の農協改革 日本の食料安保の解体を許すな』 飛鳥新社、2015年9月。ISBN 9784864104388。

『ドイツ第四帝国の支配と崩壊 亡国の新帝国主義(グローバリズム) 日本人に緊急警告!』 ヒカルランド、2015年10月。ISBN 9784864713177。

『2016年 中国・ユーロ同時破綻で瓦解する世界経済 勝ち抜ける日本』 徳間書店、2015年11月。ISBN 9784198640477。
引用:Wikipedia

これだけの著書があっても男女間、夫婦の問題には
冷静ではいられなかったのか?

夫婦喧嘩は犬も食わぬといかなかったのか

48歳の夫の10代の妻

年の差約30歳

結婚してどのくらい経っているのか
わかっていないが

夫婦ケンカの度に警察に通報。

軽傷だけれど、傷害容疑で逮捕された。
夫婦ケンカに警察が介入する

今回は3回目だ。
そして、警察から警告も受けていた
この夫婦が今後どうなるかはわからない。

警察もどんな風に検察に送るのか
そして、検察は起訴するのだろうか?

アメリカでは到底通用しない家族関係も
日本ではまだ通報することが多い。

プロフィールにあったように

人権擁護法や外国人参政権に反対の立場
「選択的夫婦別姓制度」に対し「反対」

と保守的な人間であるようだ。

過去に通報され、警察から警告されてもいたのは。
学習能力がかけているのか
冷静になることはできなかったのだろうか

妻は家にいて、家のことをしていればいいと思う人なのだろうか?
検察の動向も夫婦関係についても気になるところだ。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。