Pocket

中塩佳那(なかしおかな)がサーフィンで東京オリンピック代表になるために仙台から千葉一宮へ移住!

サーフィンは東京オリンピックの正式種目に採用されました。
東京オリンピックのサーフィン会場は、一宮町
中塩佳那さんは、2004年1月29日生まれ15歳
切れのいいターンが持ち味の中塩佳那さん

中塩佳那の最近の成績と東京オリンピックに出る条件は

東京オリンピックのサーフィンの出場できる人数は

男女最大 各2名

出場条件は

1.2019年 世界ランク上位者
(ワールドチャンピオンシップツアー)
2.2019、20年 世界選手権の成績

中塩佳那の最近の成績

2017 NSA全日本選手権ガールズ(U18)     1位
2017 NSA全日本級別サーフィン選手権大会 woman’sクラス1位
2017 NSA全日本サーフィン選手権ガールズ(U-18)1位
2017 GRAND CHAMPION GAMES women’sクラス   1位
2018 NSA全日本選手権ガールズ(U18)      1位
2018 北日本サーフィン選手権大会(東日本大震災復興)1位

北日本サーフィン大会では、サーフィンを始めた仙台新港での凱旋試合でした。
離れて暮らすお父さんや、小さい頃お世話になった仙台の人たちにも勝利を見せたかった試合で優勝できたのは大きかったようです

日本での大会では、敵なしにみえる輝かしい成績の中塩佳那さんですが、

中塩佳那さんは、2020年の東京オリンピックに出場するには
世界ランキングに入っていない中塩佳那選手は世界選手権に出場するしか道はありません。

そして、中塩佳那さんがの2019年世界選手出場するには
ジャパンオープンに優勝しないと世界選手権に出場することができないのです。

2019年5月に行われたジャパンオープンでは、
順調に決勝まで進みます。

しかし、世界で活躍するプロサーファーの松田詩野さんに惜しくも敗れ2019ジャパンオープンオブサーフィン2位となります。
まだ、来年もあるので、次に期待します。

サーフィンの得点

複数のジャッジが1つの波につき10点満点で採点
1番目と2番目に高い波の点数の合計で順位が決まる。

エアーとターンが採点対象になります。

中塩佳那の一日のスケジュールは

朝5時、2時間練習に打ち込む。

その後学校へ

放課後はまた海へ

中塩佳那 仙台から千葉町へ移住

中塩佳那さんは、2004年1月29日生まれ15歳

普通の高校生、千葉県立大原高等学校に通っています。
宮城県仙台市出身。

サーファーのお父さんからサーフィンを教わります。
お兄さんもいるので5歳から始めたとか。
お兄さんは、プロサーファーになっている中塩裕貴さんです。
当時は、仙台新港でサーフィンを楽しんでいました。

兄の裕貴さんは立つまで1日かかったのに妹の佳那さんは
1本目で立ってしまったと裕貴さんは驚いたエピソードがあります。

しかし、2011年3月11日 東日本大震災で被災
仙台新港はとてもサーフィンが出来る状態ではありません。

そこで、家族は娘の佳那さんのサーフィンのために
父を仙台に残し、千葉県一宮に移住しました。
一宮町の釣ケ崎海岸をホームとし、東京オリンピックに出場するために日々練習に励んでいます。

一宮町はサーフィンの町
日本中のトップサーファーに集まる場所で
「サーフィンと生きる街」とキャッチフレーズになっています。

2020年の東京オリンピックのサーフィンの会場となっています。
ホームタウンでのオリンピックが行われるのですから
日本人なら、日本のサーファーなら出場したいでしょう。

サーフィン一家の中塩家
お母さんは、昼夜、働き子供たちを応援します。
お兄さんの中塩裕貴さんもオリンピックの出場を目指しているようです。
一番下の妹さんもサーフィンが上手らしいです。
いい結果が出るとよいですね。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。