Pocket

ハワード アドベリーがシンシアリッグズに送った暗号は
「あなたを愛さない日はなかった。」62年後のアンビリバボー

スポンサーリンク



2018年8月2日放送の奇跡体験!アンビリバボー

番組予告は

■2018年1月、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの海岸にやってきた高校生3人。波が高いため遊泳禁止とライフガードに止められてしまう。しかし2人はライフガードのいない場所へと移り、海で泳ぐことに。だが、彼らを高波が襲い、2人はどんどん沖に流されて行く。1人浜辺に残っていた友人は緊急事態を察知。ライフガードの本部に電話で救急要請をしたが、最低でも救出まで10分以上かかってしまう。絶体絶命の状況の中、溺れていた少年たちの上空に一機のドローンが。

■2012年アメリカ・マサチューセッツ州ヴィニヤード島で民宿を営む80歳の女性ミステリー作家、シンシア・リッグズのもとにある日、小包が届く。差出人はハワード・アドベリー。62年前、たった4カ月間だけ同僚だった男性。小包を開けると大量の暗号のような文章。それは、シンシア自ら書いた文章だった。かつて海洋研究所でアルバイトをしていたシンシアが、暗号を使ってペーパータオルに愚痴や自らを奮い立たせる言葉を書いていた時、同僚のハワードが同じ暗号解読の技術を持っていたことから、2人は暗号文でやり取りを交わしていた。送られてきた暗号文を読んだシンシアは文通を開始したが、ある時、7回に分けて植物の種が送られてきた。それは、ハワードからのある思いが込められた暗号だった。その暗号を解いたとき、62年前に止まったはずの時計の針が動き出す。

ハワードアドベリーが小包を送ってきた

2012年アメリカのマサチューセッツ州に住むシンシアリッグズ
宛てに小包が届く

送り主はハワードアドベリー。
62年前に4か月間一緒に働いたことがある男性。

しかし、住所は書いてはなく軽度と緯度のみだった。

シンシアリッグズはその時、80歳でミステリー作家。

ハワードアドベリーとシンシアリッグズの出会い

62年前、ハワードアドベリー28歳
シンシアリッグズ18歳でした。

小包の中身は大量の暗号のような文章だった。

それはシンシアリッグズ自身が書いたもの。
ペーパータオルに当時の愚痴や、自分自身へのメッセージだったりしたものだった。

10歳年上の同僚のハワードアドベリーは、暗号を解読できることから文章のやりとりがあったそう。

18歳のシンシアリッグズには28歳のハワードアドベリーには年上のお兄さんとしか思えなかったと言います。
シンシアリッグズには、恋人もいてその時二人が結ばれることはありませんでした。

ハワードアドベリーとシンシアリッグズはそれぞれ結婚していた

62年前に知り合い、シンシアリッグズに恋をした青年
ハワードアドベリー

しかし、二人は結ばれることはくそれぞれ結婚してお子さんもいましたが、

そしてシンシアはDVにあい、男性不信に陥っていました。
ハワードは数年前に妻と死別して独身だということもわかりました。

ハワードアドベリーとシンシアリッグズは暗号文通を再開

突然送られてきた小包に戸惑ったシンシアリッグズでしたが
暗号での文通を再開することなりました。

相談した友人たちの後押しもあったようでした。

スポンサーリンク



暗号は?7回に分けて植物の種が送られてきた

暗号文通を始めて数か月後、7回に分けて植物の種が送られてきた。
それはハワードアドベリーのある思いが込められた暗号だった。
その暗号とは?

送られてきた植物の頭文字を繋げると
H loves s

とメッセージ
その暗号を解いたときに二人の時間動き出したという。

ハワードアドベリーとシンシアリッグズは62年ぶりの再会

二人の住んでいるところはアメリカの東海岸と西海岸
距離にして4200㎞

会う機会をためらっていた。
手紙からメールのやりとりを毎日するようになり
二人の距離はどんどん縮まっていった。

周囲の後押しもあり、暗号を解いてからシンシアリッグズはハワードアドベリーのところに会いに行く決心をします。

18歳から62年経っていることに不安もあったようですが

ハワードアドベリーは
「もちろん、あの頃のシンシアも覚えています。
ですが、今ここいる彼女こそが私の愛するシンシアです」

ハワードアドベリーとシンシアリッグズは南カリフォルニアのある駅で再会

乗って来た車の窓から一輪の赤いバラと共にプロポーズ。
シンシアさんはプロポーズを受け二人は結婚することになりました。

ハワードアドベリーさん92歳
シンシアリッグズさん82歳の時でした。

そのまま二人はハネムーンとして蒸気船でミシシッピ川まで旅をしたそうです。

ハワードアドベリーとシンシアリッグズの現在は

二人は62年ぶりに再会結婚することになりました。

結婚した翌年にシンシアリッグズさんの出身地の
マサチューセッツ州の「マーサのブドウ園」に移り住み
結婚式も挙げました。

2017年ハワードさんは94歳で愛する妻のシンシアさんに
看取られ亡くなったそうです。

とても素敵な5年間だったとシンシアさんは言っていました。

何でも遅すぎることはない。
諦めないことが大切なんですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。