Pocket

デリマールは火災の中消えた!ルースとペドロ夫妻の生後10日の赤ちゃん。犯人は身近なところに!顔が似ていると6歳で判明

スポンサーリンク



デリマール・ヴェラは生後10日で火災の中消えた

デリマール・ヴェラは、1997年12月5日
アメリカ・フィラデルフィア郊外、母のルース、父のペドロ元
兄2人に続き、母と同じに笑うとえくぼができる可愛い待望の女の子が生まれ、家族は幸せに包まれていました。

それから10日後の12月15日、デリマールを一目見ようと
ペドロの母や、初対面のいとこのキャロリンがルースの家を訪れます。

いとこのキャロリンは、
「私も同じ日に女の子を産んだばかりなの」と言っていました。

12月15日の夜、火事が起きデリマールが消えた

ペドロの母とキャロリンが来た12月15日の夜7時頃
爆発音とともに2階から火の手が上がります。

慌てて2階に上がりデリマールを助けようとするルース。
しかし、既に激しい炎に包まれていたといいます。

「まだあの子が中にいるの!?お願い助けて」と
集まった多くの人は泣き叫ぶルースの姿を見ていました。

2階の寝室は全焼。ベビーベッドは燃え尽きてしまいました。
デリマールの体は残っていなかったが、
警察は燃え尽きてしまったと断定してしまいます。

地元のテレビカメラに消防士が小さい黄色に包み抱える姿が
写っており、それがデリマールだと勘違いされて、新聞の記事になってしまったことも
デリマールは火事で亡くなったと広く知られてしまった。

ルースは生後10日のデリマールを失った悲劇の母に

ルースは生後10日のデリマールを失った悲劇の母になってしまった。
しかし、ルースには疑問が2つあり、誘〇だと主張する。

1つ目は、炎の中で見たベビーベッドにデリマールがいなかったこと。
2つ目は、閉めたはずの2階の窓が開いていたこと。

12月の寒い時期に窓を開けているわけがなかった。
生後10日の赤ちゃんが自分で動くことなどあるわけがなく
何より、デリマールの体が発見されていない。

「何者かが火をつけ、デリマールを連れ去ったに違いない」
「デリマールは生きているわ。あの子は誰かに誘〇されたのよ」
とルースは主張し続けました。

消防は火災の原因を、ルースがつけた電気ヒーターと断定していて後ろめたさがあるのだろうと想像されました。

警察にデリマールの捜索を依頼しても
「すでに〇亡している」
と取り合ってもらえませんでした。

消防や警察、メディアが「〇亡」と断定した以上、
誰一人ルースを相手にする者はいません

ルースは赤ちゃんを失った悲しみから精神状態がおかしくなってしまった母親としか思われませんでした。

次第に夫のペドロともうまくいかなくなっていきます。
ルースはスペイン語しか話せなかったことから周囲からの
さらに孤独になっていきました。

そして、火災から4年後、夫のペドロは家を出ていってしまいます。
経済的にも苦しくなったルースに味方はいなくなっていきます。

6年後、ルースにそっくりの子供がいると電話が

火災から6年経ったある日のこと、別れた夫のペドロから電話がかかってきました。
ルースにそっくりの子供がいると。

ルースはその少女が来るというパーティに駆けつけました。
そこで会った「アリーヤ」という6歳の少女。

見た瞬間に衝撃が走ったとのちにルースは語っています。
「デリマールに間違いない」と確信したという。

「彼女を見たときに、私の娘だと直感しました。赤ちゃんのデリマールは、笑うとえくぼができたんですが、まったく同じえくぼがあったんです」

アリーヤ(デリマール)の母親はキャロリンだった

アリーヤがデリマールだと確信したルースは驚きます。
アリーヤの母親は、別れた夫のペドロのいとこキャロリンだったのだ。

火事の日にペドロの母親とデリマールを見に来て
同じ日に赤ちゃんを産んだと言っていたあのキャロリン。

キャロリンがデリマールを誘〇した犯人だったのです。

あの日、キャロリンは、火災発生直前に、2階のトイレに行くふりをして、ヒーターの前にスプレー缶を置き、熱くなって破裂して
引火させ、火事を起こしたのでした。

爆発音があったというルースの証言は本当だったのです。

キャサリンは計画的にデリマールを狙っていたのでした。
当時、妊娠したと周りに言い、自宅で出産したとする偽造の出生証明書を用意し、「アリーヤ」と名付けて、気づかれることなく
良い母親を演じていました。

スポンサーリンク



ルースはデリマールをどうやって取り戻したのか

一目見て、アリーヤが自分の娘デリマールを確信したルースでしたが、デリマールの〇亡証明書は発行されていて警察は動いてくれそうもありませんでした。

捜査にDNA鑑定が取り入れられた時期であり、ルースは
こっそり、アリーヤの毛を抜いていました。

しかし、警察は捜査をしてくれず、さらに毛根がなければ
鑑定できないことも知ります。

自費でDNA鑑定をするには、あまりに高額な時代でした。
経済的に困窮していたルースにはできるわけがありませんでした。
その時に協力してくれたのは、州議会議員、エンジェル・クルーズだったそうです。

熱心はルースの直談判に心が動かされ、検察へ“事件”の再捜査を依頼。
遂に、警察がデリマールの捜索に動き出します。

「精神的におかしくなってしまった母親」のルースの話を聞いたのは地元警察の元捜査官、マイケル・ボイル。

ルースは冷静に当時のことを語り、説得力があったそうです
警察は、6年前に火災の再検証を始めます。

すると当時ではわからなかった事実が明らかになっていきます。

何と言ってもデリマールの体が見つかっていなかった。
火災は14分で鎮火していて、乳児とはいえ骨まで燃え尽きることはない。

さらに、消防士が運び出したテレビに写っていた「小さい黄色に包み」デリマールの体と思われていたのはカーペットが燃えて固まったものだと判明しました。

そして、捜査はついにキャロリンの元へ向かいます。
アリーヤの口内の粘膜を採取し、DNA型鑑定を行うことになります。

しかし、ここでもキャサリンは抵抗し、妨害工作します。
採取の直前、捜査員にわからないようにアリーヤの口の中に
「薄めた漂白剤をスプレー」します。

しかし、アリーヤが事実を話したために、翌日もう一度行うことになりました。

DNA検査の結果は、もちろん
「キャロリンとアリーヤには親子関係がないことが証明」

ルースがデリマール(アリーヤ)を取り戻すことなりました。

2019年21歳になったデリマール・ヴェラ

「母が諦めていたら、きょう、あなた方とこうしてお話しする機会はなかったでしょう」

とインタビューに笑顔で答える女性がいました。
「母親は強し」その言葉に尽きるでしょう。

デリマールが土曜プレミアムで

土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ4
娘を救え!命をかけた母の闘い 愛と涙…

2019年7月13日(土)21時00分~23時10分の放送内容

誘〇か焼〇か…炎の中に消えた生後10日の娘を捜せ!奇跡を呼ぶ母の闘い6年の全記録
▼武装集団がショッピングモール襲撃!銃撃戦の中に取り残された母と娘3人

正式タイトル
土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ4 娘を救え!命をかけた母の闘い 愛と涙の生還SP

番組内容
世界・日本で起きた衝撃の大事件、大事故、感動の物語…実際にあった、まさかの大逆転ストーリーを描くシリーズ特番の第4弾!まるでドラマのような劇的状況や事件の真相を実録映像たっぷりで描く緊迫のVTR。スタジオでは出演者の目の前で犯行現場を大迫力のプロジェクションマッピングで再現。事件の目撃者となり、謎を解く鍵を視聴者と一緒に“体感”できる、全く新しい情報ドキュメンタリー番組。
■アメリカで起きた、母娘の奇跡の再会ミステリー。1997年アメリカ・フィラデルフィアに住むルースとペドロの夫婦に、デリマールという女の子が生まれた。そのわずか10日後、ルースの自宅で火災が発生。2階の寝室が全焼し、ベビーベッドで寝ていたデリマールが焼〇するという悲劇が起きてしまう。しかし、誰もが悲しみにくれるなか、母・ルースだけが「娘は誘拐された」と主張。警察の協力も得られず過ぎていく年月、深まる夫婦の溝…。はたしてルースは娘を見つけることができるのか!?
■ケ二アで起きたショッピングモール襲撃事件での親子の奇跡の生還劇。2013年アフリカ・ケニアのショッピングモールが、銃で武装した集団に突然襲撃される事件が発生。偶然、現場に居合わせたアメリカ人のウォルトン一家。銃声を聞きすぐさま逃げようとするが…息子たち2人は離れたスーパーにおり、1番下の子どもはなんと1歳。絶体絶命のピンチに彼女がとった行動とは!?

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。