Pocket

デジカメ防水ケースのメーカーは?石垣島から台湾へ2年半
電源が入り、画像が無事だった!日本製はすごいと絶賛

スポンサーリンク



デジカメが防水ケースで守られた

漂流3年200キロをを超えて台湾にたどり着いたデジカメ

防水ケースに入っていたため、電源が入り、
中身の写真をSNSのアップし、わずか9時間後の持ち主が判明した。
デジカメが日本製だと絶賛

デジカメを見つけたのは小学生の授業の一環で
「ビーチクリーン」でビーチの清掃をしていた時に子供たちが見つけた。

2018年3圧27日にみつけた。

石垣島から台湾へ

デジタルカメラを見つけた小学生たちは

他人のカメラの中身を見るのは、失礼だと、でも早く持ち主を見つけてあげたいとクラスで話し合ったという。

そして中身を確認したところ

写真が撮影された場所は、その風景から石垣島だとみられ、写真に登場する人物も日本人のようだった。
持ち主は日本の若者の可能性が高いと判断された。

ダイビングの様子を捉えた写真もあり、持ち主はダイビングの最中にカメラを紛失したと推測されていた。

最後の写真は2015目9月7日となっていた。
見つけたのは2018年3月27日、2年半の月日が過ぎていた。

スポンサーリンク



李公元教諭のFacebookにアップして
わずか9時間で持ち主の椿原さんの同じ大学の友達から連絡が入り、台湾に日本でおメッセージを送ったという。

2015年に石垣島に旅行に行った兵庫県宝塚市の椿原世梨奈さん21歳の女子大生ものだとわかった。

デジカメ防水ケースのメーカーは

テレビ電話で椿原さんと見つけた小学生たちが話をして。

小学生に「このデジカメはどこのものなのですか?」と
質問されると

「両親から大学の入学祝いにもらったものなので、よくわからない」という椿原さんの返事だった。

そこで調べると

「キャノン製デジタルカメラ「PowerShot G12」

メーカーによると

水心0メートルまで耐えられる仕様になっているという。

テレビ電話に椿原さんは

6月にカメラを受け取りに行くと子供たちと約束をした。

SNSで絶賛カメラの性能

この投稿は28日正午現在、9600回以上シェアされた。

コメントも400件以上寄せられ、「知り合いのインストラクターに聞いてもらえるようダイビングをしている友人に聞いてみました」など持ち主探しへの協力を申し出るコメントのほか、

「このカメラはハイレベルすぎる。3年も問題ないなんて」
「この防水ケースの質は本当にすごい。どこのメーカーのものだろう」

とカメラやケースの丈夫さを称賛する声もあった。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。