Pocket

テレニン晃子『ゆりちかへママからの伝言』10年経って中学生になったゆりあちゃんが マサカの映像グランプリできる母へのメッセージ

スポンサーリンク



テレニン晃子さんが書いた『ゆりちかへママからの伝言』

2007年10月1日発行の『ゆりちかへママからの伝言』

日本テレビの24時間テレビやNEWS ZERO、THE・サンデー、
フジテレビのザ・ベストハウス123

2013年1月26日にはメ~テレ開局50周年記念ドラマとして放送

テレニン晃子さんとは

テレニン晃子(てれにん あきこ)
1972年2月6日 ~ 2008年2月25日 享年36歳

佐賀県唐津市出身
福岡県の西南学院大学卒業

2002年4月1日 ロシア人のテレニン・レオニドさんと結婚
福岡県小郡市に暮らす

2005年の秋に妊娠中に脊髄悪性腫瘍が発覚
2006年2月6日には帝王切開で長女の柚莉亜(ゆりあ)ちゃんを出産
2007年10月1日自身の闘病記と娘へのメッセージを綴った『ゆりちかへ ママからの伝言』を出版

2008年2月25日、硬膜内髄外腫瘍にて福岡県久留米市で死去 36歳

スポンサーリンク



妊娠中にガンが発見される

2005年、テレニン晃子さんは妊娠する、新しい家族が生まれる幸せに時にガンが発見される。

選択肢は二つ。
赤ちゃんを諦めて、ガンの治療に専念するか
出産まで治療を待ち、出産後にガンの治療をするか
しかしそれは、ガン進行や子供へのリスクを伴う

妊娠中のご主人とのやりとりをこう書いている。

〈ママはパパに約束したの。パパに健康な赤ちゃんをあげるってね。ママ、パパに聞きました。「Do you really want this baby?」パパは泣きながら「Yes.ごめんね。I want both.(ゆりあもママも)」と言いました。パパが泣きくずれるのを見たのは、これが初めてでした〉

テレニン晃子さんのガンとの戦い

テレニン晃子さんは、脊髄のがんだった。
産前に腫瘍を取り除く手術を受けた
産後すぐから放射線治療と抗がん剤治療とを受けた。

ガンは進行し、転移し余命半年と告げられた。

その後自宅療養する事に

ベッドの上で手鏡を持ち、
柚莉亜ちゃんの様子を鏡越しに追っていたという。

その様子を母の青山つや子さんは語る

「晃子は腰に激痛としびれを抱えていて、少し触っただけでも大声で叫んでいたのに、柚莉亜がベッドに乗っかって遊んでいた時は、一言も痛いとは言わなかった。やっぱり母親やね」

テレニン晃子さんの残された時間をできることをしたいと
将来の娘に「本」という形でメッセージを託すことに。

「友達、おしゃれ、恋、〇ックスのことなどを何でも話し合える親友みたいに書き綴った」

それが『ゆりちかへママからの伝言』になった。

マサカの映像グランプリで放送

2018年6月6日放送のマサカの映像グランプリ

あれから10年経った、テレニン晃子さんの娘、柚莉亜(ゆりあ)ちゃんは12歳になった。

天国のお母さんに感謝の思いを初告白。

母がいない寂しさは小さい頃からあっただろう。
思春期12歳の時にはもっと強く感じるだろう。

現在、12歳になった柚莉亜(ゆりあ)ちゃん母に対する思いは?

ゆりちかへ ママからの伝言 (幻冬舎文庫)
ゆりちかへ ママからの伝言 (幻冬舎文庫)

テレビドラマ版「ゆりちかへ ママからの伝言」

名古屋テレビ放送開局50周年特別ドラマ。

2013年1月26日(土曜)の21:00-23:06
名古屋テレビ放送開局50周年特別ドラマとしてテレビ朝日系列で放映された。

原作では福岡県小郡市である舞台が、
テレビドラマでは神奈川県小田原市になっている。

キャスト
小山田晃子 常盤貴子
小山田亮太 田辺誠一
中井美津子(晃子の母) 十朱幸代
中井裕子(晃子の妹)  中村ゆり
村田和江(出版社編集者・原作クレジットの「田島安江」にあたる) 片平なぎさ
内田真人(小田原総合病院外科医、晃子の主治医) 柴俊夫
山口肇(美津子の友達) 泉谷しげる

小山田柚莉亜 中島夢乃(乳児期)、篠原ことみ(幼少期)、横溝菜帆(幼少期)、庵原涼香(小学生)

大谷みつほ、柊子、森郁月、西野亮廣、佐藤裕二、鈴木しおり
真白リョウ、植田浩二、西川瑞、浜崎堅太、杉山一士

スタッフ
原作 テレニン晃子「ゆりちかへ ママからの伝言」、
田島安江 「もう一冊のゆりちかへ~テレニン晃子さんとの日々」
脚本  吉澤智子
監督  若松節朗
音楽  住友紀人
主題歌 Hilcrhyme「想送歌」

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。