Pocket

ステファンラスムセン機長はスカンジナビア航空751便墜落事故で
パイロット引退へ!機械が信用できない!!その理由は?

スポンサーリンク



ステファンラスムセンはスカンジナビア航空751便墜落事故の機長

スカンジナビア航空751便墜落事故とは
1991年12月27日 スウェーデンで起こった航空事故です。

スカンジナビア航空751便は
スウェーデンのストックホルム・アーランダ国際空港から
デンマークのコペンハーゲン空港を経由して
ポーランドのワルシャワ空港及びスペインのバルセロナ空港に向かう定期便として運行していました。

1991年12月27日 乗員乗客129人を乗せて、いつものように離陸しました。
しかし、25秒後、第2エンジンからの異常音と振動に気づきます。
離陸39秒後には、第1エンジンの異常。
離陸後76~78秒後には、高度3,220フィート (980 m)で両エンジンが停止。
電力もほぼ失い、無線さえも使えない状態になってしまいました。
墜落まで2分しかない事態に不時着を決行。

バルト海への着水を回避し、その手前の松の森を使用し
着陸の衝撃を和らげる計画に

751便は木に接触して右主翼を失い、
不時着の衝撃で機体が3つに割れる全損大破してしまいました。

しかし、主翼をもぎ取れたことで機体は減速し、
雪で覆われた地面が墜落の衝撃をある程度吸収されたことで
命を落とした人はいませんでした。

主翼の燃料タンクを失ったため火災を起こすことはなく
空港から近かったため、事故後すぐに乗客乗員129名は全員無事救助されました。

ステファンラスムセンキ機長は事故後パイロットを引退

スカンジナビア航空751便墜落事故後、事故調査の結果でもクルー達に落ち度はなかったと照明された。

ステファンラスムセンキ機長はじめ、751便のクルー達は129名の命を救ったヒーローとしてメディアに取り上げられました。

しかし、ステファンラスムセンキ機長は乗務に戻ることはなかったそうです。

その理由を『メーデー!:航空機事故の真実と真相』におけるインタビュー答えています。

それは、
「この事故が原因で機械を信用できなくなり、パイロットとしての仕事を辞めざるを得なくなった」

というものでした。

事故機は、OY-KHOは、1991年3月16日に初飛行し、
その1ヶ月後の4月10日にスカンジナビア航空へ納品されたばかりの比較的新しい機体でした。

751便OY-KHOはATRシステムを搭載していました。

「離陸後に必要な出力が得られなかった場合にコンピューターが自動的に燃料をエンジンに噴射して出力を補正する装置」

このATRシステムを搭載していることをパイロットは知らず、
パイロット達にはATRシステムの誤作動を阻止する術がなかったため、この深刻なエンジン故障につながってしまったといいます。

スカンジナビア航空751便の事故の経過

離陸から25秒後、第2エンジンから異常音が発する。

吸い込んだ氷の破片が当たった衝撃でエンジンのファンブレードが変形し、
吸入気流の乱れによりコンプレッサーが失速して、
エンジンが異常燃焼によるサージングを起こしてしまった。

気付いたパイロットはサージング解消のため推力を絞った。

これによって機体にATRシステムが作動
左右エンジンで生じた推力差と上昇率低下に対処しようとして、
パイロットがスロットルレバーから手を離した途端、
自動的にエンジン推力を上げてしまった。

そして、39秒後に第1エンジンもサージを始めてしまう。
その後、両エンジン停止。
電力も失い、無線も使えなくなってしまった。

スカンジナビア航空751便、ステファンラスムセンキ機長とクルー達は

異常事態を察したたまたま乗り合わせてていた非番機長
がコックピットに駆けつけ、
機長と副操縦士を支援します。

非番機長ペール・ホルムベリは機体をなるべく失速させないことに専念
クルー達はエンジンの再点火を試みつつアーランダ空港へと引き返そうするも

毎秒6m降下、墜落まで2分しかなかった
電力と油圧は回復したものの、エンジンはダメだと判断。

不時着をパイロットたちは覚悟します。
結末まで1分17秒でした。

緊急着陸する場所で選べるのは2ヶ所。
松の森か、凍り付いたバルド海

そして、機体はバラバラになるもの命を落とした人はいませんでした。
クルー達の素晴らしい判断と努力ですね。

生死を分けたその瞬間

2019年3月21日(木) 21時00分~22時54分放送の

生死を分けたその瞬間 体感!奇跡のリアルタイムで
スカンジナビア航空751便墜落事故の様子が放送されます。

★体感!奇跡のリアルタイム!九死に一生を体感SP

番組内容は

実際に起こった事件・事故の、運命をわけたターニングポイントから奇跡が起こるまでを秒単位で再現、その瞬間を同時に体感できる番組。
(1)津川雅彦・朝丘雪路の生後5か月の愛娘誘拐事件!警察500人が現場へ!誘拐犯確保までの1分3秒!
(2)前代未聞の航空事故!両エンジン空中停止!乗客乗員129人を乗せ雪中の緊急着陸1分17秒
(3)スタジオ絶叫!歓喜!世界中から集めたスレスレで助かった!?衝撃映像一挙大放出!

出演者
MC
名倉潤(ネプチューン)、辛坊治郎
ゲスト
テリー伊藤、アンミカ、内田理央、コカドケンタロウ(ロッチ)、中岡創一(ロッチ)

スポンサーリンク



スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。