Pocket

ジャニー喜多川が倒れる!病院はどこ?タッキー焦る?!
「訃報」7月9日亡くなった。近々ジャニーズ事務所発表へ

スポンサーリンク



追記 ジャニー喜多川 訃報

2019年7月9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で87歳で亡くなったと訃報が飛び込んできました。

2019年6月18日にジャニー喜多川さんは
午前11時30分頃自宅で体調の異変を訴え、
病院に向かおうとしたところ意識を失い、緊急搬送されていました。

搬送後は集中治療室で懸命な救命措置が行われた甲斐あって一般病棟に移り、タレントやJr.たちとの面会を果たすことができていたそうです。

ジャニーズ事務所の発表の全文

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社代表取締役社長ジャニー喜多川につきましてご報告がございます。
2019年7月9日午後4時47分、都内病院におきまして、ジャニー喜多川は、永眠いたしました。
享年87歳、死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血でございます。

ジャニーは、自身が育てたタレント達を応援してくださるファンの皆様やご支援くださる関係者の皆様に支えていただくことにより、自身の創作活動が成立し、日々、タレントの育成に励むことができていることに、日頃より大変感謝いたしておりました。ジャニーに代わりまして、心より御礼申し上げます。

2019年6月18日午前11時30分頃、自宅におきまして体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送されました。搬送後、集中治療室におきまして懸命な救命措置を行っていただいたことにより、一般病棟に移ることができましたため、病院のご協力もあり、ジャニーは、自身にとって子供のような存在でございますタレントやJr.との面会を果たすことができました。ジャニーがタレント達と過ごした病院での日々は、かけがえのない時問となりました。新旧、様々な楽曲の流れる病室におきまして、年長のタレントからJr.までが同じ空問でジャニーとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていきました。片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレント達は入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。ジャニーの好物を皆で賑やかに食べることが日課となり、その光景と匂いからまるで稽古場にいるかのような感覚を覚え、皆、懐かしい記憶がよみがえりました。ときに危険な状態に陥ることもございましたが、タレント達が呼びかけ、体を摩るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました。そして、最愛の子供達の愛に包まれながら、2019年7月9日午後4時47分、ジャニー喜多川は、人生の幕を下ろしました。

ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.達に、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました。

1962年ジャニーズ事務所の創業以来、ジャニーは一途にエンターテイメントの創出に励んでまいりました。ジャニーのエンターテイメントに欠かすことができないのはタレントです。これまで多くのタレント達を生み育ててまいりましたが、一貫しておりましたことは、タレントとしてだけでなく、一人の人間として成長することを強く願っておりました。現在では、多くの皆様に支えていただくことで創業当時では考えられない程多くのタレントが、様々な分野で活躍させていただいていることにいつも感謝いたしておりました。

ジャニーが私達に最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、エンターテイメントを通じて世界中の皆様に幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです。そして、世の中がいつまでもエンターテイメントを楽しむことができる平和で希望に満ちた未来であり続けることを心から願っておりました。これからタレントと社員がその意思を受け継ぎ、一人一人が役割を果たすことで世界中にジャニーの願いが届きますよう、タレントとスタッフ一丸となり、精進してまいりますので、何卒ご指導賜れますと幸甚に存じます。

改めまして、ファンの皆様、そして関係者の皆様には心より感謝申し上げます。
そして、この入院期間中におきまして、ご尽力くださいました病院関係者の皆様はじめ、ご支援くださいましたすべての方々に心より御礼申し上げます。

通夜・告別式につきましては、ジャニーの子供でございますタレント達とJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきますので、何卒ご理解賜りたく存じます。
なお、これまでお世話になりました皆機にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます。
大変恐縮ではございますが、個別のお問い合わせ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2019年7月9日
株式会社ジャニーズ事務所

 

ジャニー喜多川が倒れる

ジャニー喜多川さんが倒れて、緊急搬送されたとそうです。

芸能界におけるジャニー喜多川さんの影響は大変なものです。
その大物が倒れてしまうとなると衝撃が走っています。

ジャニー喜多川が緊急搬送 病院は

ジャニー喜多川さんがどのように倒れ、
病院に緊急搬送されたのか、詳しいことは報道されていません。

ジャニーズ事務所は業界大手の事務所
報道各社もいろいろあるのでしょう。

ネット情報によると渋谷にある
「日赤病院」に運ばれたそうです。
ジャニーズのタレントが次々にかけつけて
一時は、駐車場に車が入らないほどだったそうです。

タッキーも東山くんも中居くんも、キンプリなど
ジャニーズのほとんどのタレントが集合したとか。

追記
2019年6月18日お昼頃に自宅から「ジャニーさんが倒れた」
と119番通報があり緊急搬送されたそうです。

搬送先の病院はいつも通っている病院と違ったようで
情報が錯綜したそうです。

誤報か ジャニー喜多川さんが亡くなった

2019年6月18日にジャニー喜多川さんが都内の病院に
緊急搬送されたとニュースが飛び交いました。

その後、ジャニーズのタレントが病院に集結したと
ファンの中でも話題になってました。

ジャニー喜多川さんは以前から体調はあまりよくないと
されていました。

行動は車いすで、しかし、仕事に対する情熱は衰えておらず
車いすに現場まで出かけていたそうです。

そんな中、倒れて緊急搬送というニュースが飛び交いました。
ジャニー喜多川さんは亡くなったとの報道もありましたが
以前、真相はわかっていません。

マスコミは報じず

マスコミ関係者によると、ジャニーズ事務所が
ジャニー喜多川さんの死去を発表しない限り

大手メディアは、訃報と報じられないそうです。
たとえマスコミ関係者が亡くなった事実を知っていたとしても
報じることが出来ないそうです。

実際のところ、ジャニー喜多川さんの症状はどうなのか
全くわかっていません。
ジャニーズのタレントさん、ファンも心配ですね。

ジャニー喜多川は87歳、タッキーがいるから安心

ジャニー喜多川さんは、今年で87歳。
結構なご高齢です。

ジャニー喜多川さんが高齢で、ジャニーズ事務所の先行きを
タッキーに任せたいという気持ちもあり

タッキーは表舞台の芸能界を引退し、裏方に回ることを決意したとも言われていました。

タッキーはタレント育成やプロデュースを行うグループ会社「ジャニーズアイランド」の社長に就任。
ジャニーズジュニアを育てることを仕事にすると決心しての
現役引退でした。
現場の仕事におけるジャニー氏の“後継者”としてジャニー喜多川さんも
喜んでおられると言われてました。

タッキーが裏方に回って、安心してしまったのでしょうか。。
人間、ホッとしてしまうと弱ったりしてしまうことも
あるようですが、
もしものことがあったら、タッキーはショックでしょう。

スポンサーリンク



ジャニー喜多川の生い立ちは

ジャニー喜多川さんの本名は、
ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)
漢字表記は、 喜多川 擴(きたがわ ひろむ)

アメリカカリフォルニア州のロサンゼルス生まれ。
4人姉弟でした。
英語がペラペラなのは当然です。
誕生日は、1931年〈昭和6年〉10月23日

「YOU、こうしちゃいなよ」とか
ジャニーズのメンバーを「YOU」と言うのは、有名ですが
本当に英語が堪能だったからなんですね。

ジャニー喜多川さん本人も
「アメリカでは相手をYOUと呼ぶのは普通の事」
「タレントの名前を覚えられない時に便利」
と語っています。

1933年(昭和8年)、喜多川一家は日本へ渡航し、大阪市で生活します。
戦争が終わった1947年(昭和22年)に兄妹だけでロサンゼルスに帰国し、高校に入学。

ミュージックメイカーのアシスタントでアルバイトをしていました。

芸能界へのきっかけは美空ひばり

ロサンゼルスで1950年に美空ひばりがロサンゼルス公演に来たことで美空ひばりの育ての親・川田晴久さんと知り合う。

父の勤務先だった真宗大谷派東本願寺ロサンゼルス別院が会場だったため、ステージマネージメント全体を担当することになったためでした。

1952年(昭和27年)に再来日。
上智大学国際部(現在の国際教養学部の前進)に進学、卒業。

1955年(昭和30年)バンドを組んで芸能界に参入。

1960年代になると東京都渋谷区・代々木近くで
近所の少年たち約30名で構成された少年野球チームのコーチをして
そのチームの名前が「ジャニーズ」でした。

野球チームの中から4人を連れ、「ジャニーズ」を結成。
芸能界に参入。
ジャニー喜多川さんは、1962年6月にジャニーズ事務所を設立。

ジャニー喜多川さんと共にジャニーズ事務所で
名前が出てくるのは、メリーさん。

メリーさんはジャニー喜多川さんの実のお姉さん。
ジャニー喜多川さんが87歳なのだから
メリーさんも高齢。
でも発言力は相当あるようですけど。

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。