Pocket

コンタクトレンズを着けたままシャワーで失明!
アカントアメーバ角膜炎を発症で

スポンサーリンク



コンタクトレンズを着けたままシャワーで失明

コンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びて失明してしまった男性がいるとのニュース。

日本ではなくイギリスでの話です。
『New York Post』『The Sun』が伝えています。

英シュロップシャー州シュルーズベリー在住のニック・ハンフリーズさん(Nick Humphreys、29)は

コンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びて、微生物によって感染症を引き起こし、失明してしまったと言います。

失明してしまったニックの行動とは

ニックさんは幼い頃から視力が弱く、4歳からメガネを使用していました。

2013年、コンタクトレンズをつけ始めます。
それは、大好きなサッカーをするのにはメガネが危険だし、邪魔だったからです。

当時のことをニックさんは

「20代半頃からスポーツに専念するようになって、眼鏡は運動をするのに邪魔だったのです。コンタクトの装着に慣れた頃は、これまでにない快適さを感じました。」

と語っています。

ニックさんは、コンタクトレンズを週に5日、着けていて
残りの2日はメガネを使用していました。

普段の週5日は寝る前にコンタクトレンズを外し、朝起きると共にコンタクトレンズを着ける。

仕事の前にスポーツジムで運動してから会社へ向かうという生活を送っていました。

ジムでは、トレーニングを終えた後コンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びていました。

週5日も行っていたことが失明の原因になるなど想像もしていなかったというニックさん。

「コンタクトレンズを着けたままシャワーを浴びることに対して何とも思ってもいませんでした。特に誰からも注意を受けることもなく、私がお世話になっている検眼士からも特に何も言われていませんでした。」

と語っています。

アカントアメーバ角膜炎を発症

2018年1月、ニックさんは右目に違和感を覚えます。
コンタクトレンズを着けている時に目をこすってしまって、傷ついたためだと思っていました。

1週間たっても症状がよくならず、検眼士に相談に行きます。

検眼士の話によると、目に潰瘍なものがあるため、すぐに眼科で診てもらうよう勧められました。

病院で診察を受けると、医師からは
アカントアメーバ角膜炎の可能性があり、検査結果は1週間後になると告げられました。

不安な1週間を過ごし、結果を聞きに行くと
アカントアメーバ角膜炎という診断が下されてしまいました。

最悪、眼球摘出のケースもあるという恐ろしいものでした。

スポンサーリンク



アカントアメーバ角膜炎とは

アカントアメーバ角膜炎とは、アカントアメーバと呼ばれる原虫に感染することで発症する角膜感染症です。

アカントアメーバは池や川、水道水などに存在しています。

ソフトコンタクトレンズの扱い方が悪いことを原因として発症することがほとんどだそうです。

使い捨てのものを数日間使用する、
専用の洗浄液を使用せずに水道水で洗う、
などの行為を続けると、コンタクトレンズがアカントアメーバに汚染されます。

汚染されたコンタクトレンズを装着することでアカントアメーバが角膜へと移り、角膜炎が発症してしまいます。

治療では、角膜を削り取ることで物理的に病原体を取り除くことになるそうです。

感染すると、目の痛みや視力低下、最悪の場合は失明してしまいます。
ニックさんは、眼球摘出は逃れることができましたが、
抗菌薬の点眼を3週間続け、症状が和らいだように思えたといいます。

しかし、感染してから2ヶ月後の2018年3月、
ニックさんは車を運転中に突然右目の視力を失ってしまったそうです。

「本当に大きな打撃をうけました。エクソシストのような眼帯をして、このグロテスクな右目と付き合っていかなければならないのですから」

とショックを隠し切れませんでした。

ニックさんは、2018年7月と9月に2度の手術を受け
現在は、現在は角膜移植手術を待っている状態だといいます。

現在はニックはコンタクトレンズの危険性を訴える

ニックは現在、非営利団体「Fight for Sight」に勤めていて
コンタクトレンズを装着したままシャワーを浴びたり泳いだりすることの危険性を多くの人に訴えています。

角膜移植手術を待っている状態のニックさんですが、

「もし手術によって視力が戻ったなら二度とコンタクトレンズを着けてシャワーを浴びることはないだろう」

と語っています。

一般社団法人日本コンタクトレンズ協会も呼び掛け

一般社団法人日本コンタクトレンズ協会でも、
アカントアメーバによる感染症の恐れがあるため
コンタクトレンズを装着したままの水泳、入浴、シャワーはやめるように呼びかけています。

「ちょっとくらいは大丈夫だろう」

コンタクトレンズのシャワーに限らず、そう思った時は危険が迫ってきています。

シャワーを浴びるときは、必ずコンタクトレンズを外しましょう!!

スポンサーリンク


Pocket

コメントは利用できません。